ここから本文です

源氏物語についてです。 現在高校生で、何ヶ月か前に源氏物語の桐壺のところを習...

dor********さん

2019/1/1322:06:11

源氏物語についてです。
現在高校生で、何ヶ月か前に源氏物語の桐壺のところを習いました。

(省略).....同じほど、それより下臈の更衣たちは、まして安からず、......(省略)

という文章

の訳し方についてです。

学校の授業:(桐壺更衣と)同じ身分、それより低い身分の更衣たちは(身分を気になさらない帝の寵愛の機会が自分にもあるのではないかと)心穏やかでなく

角川書店編ビキナーズ・クラシック:同格の更衣やそれより下位の妃たちは、公然たる
対抗手段もないまま、いらいらするばかりだった

とあって、特に「安からず」の捉え方の意味が異なったので気になりました。
どちらで訳した方が近いですか?

閲覧数:
67
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/1/1420:37:32

え、「学校の授業」は、「心安からず」を、
他の女御たちの、「帝の寵愛への期待」によって、そわそわしている、
と解釈した、ってこと?

そんな解釈、聞いたことないけど。


多くの女御、更衣の中で、
桐壺の更衣だけが、たいした身分でもないのに、帝の寵愛を受けた。

①初めから、「私こそ帝の寵愛を得よう」と張り切って入内した方々は、
桐壺更衣を、「目障り!生意気!」と蔑み、妬む。
②桐壺更衣と同程度以下の身分の更衣たちは、「まして」、心穏やかでない。

こうして、他人をいらだたせ、恨みを負った蓄積のせいか、
桐壺更衣は病気になって、里下がりばかりしていた。
それをまた帝がよけいにいとおしがって、
周囲の人の批判もかまわず、桐壺更衣をえこひいきした。


①と②は、比較になってるんだよ。

①は、桐壺更衣より身分の高い、大臣クラスの家柄の女御たち。
身分と父親の権力があるから、自分は帝の寵愛を受けて当然、と思っている。
ところが、当てが外れた。
だから、
「なんだ、桐壺更衣なんか、身分も低いくせに、「生意気、目障り」!」
という感情が出てくる。
でも、①の人たちは、身分が高いという自負があるから、まだまし。
「なんだかんだいっても、身分は、私の方が高いんだから。
私の方が上座に座るんだし、私の方がいい部屋をもらってるし、
私の方がいい調度品をそろえているんだし、私の方がいい衣装を着ているし。」
と、自分を慰めることができる。

②は、桐壺更衣と同程度、または、より身分の低い更衣たち。
身分も父親の権力もないから、帝の寵愛だけが頼り。
ところが、同じ境遇の中から、桐壺更衣だけが選ばれてえこひいきされ、特権を得ている。
②の更衣たちには、①の女御たちのような「身分」というプライドのよりどころもない。
自分を慰めるすべがない。
身分の高い女性が寵愛を得たのなら、
「私の方が魅力的だし、本当は帝も私の方が好きなんだけど、
身分の高い女性をないがしろにはできないから、
帝も、あの人を一番に扱っているだけ。
あの人は、身分で帝の愛情を買っただけ」
と自分に言い訳できるけど、
桐壺更衣が寵愛を得ているのは、身分のおかげではないんだから、
ひとえに、女性としての魅力があるからでしかない。
つまり、「自分は桐壺更衣より魅力のない女」だということを認めざるを得ない。
だから、①より「まして」心穏やかでない。

こういう比較の中に、
②の更衣たちが、
「桐壺更衣だって寵愛を受けているんだから、私にも帝の寵愛を得るチャンスが!?
たいへんだわ、着飾らなくちゃ!お化粧しなくちゃ!教養を磨かなきゃ!」
と、そわそわする、
という文脈が割り込む余地はないでしょう。

今話してるのは、
「桐壺更衣がどれほど周囲の女性たちから妬まれ恨まれ嫉妬されたか」
ということです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる