ここから本文です

消防設備士の資格試験問題ですが、 P型1級受信機---回線数は制限なし。P型2級受...

アバター

ID非公開さん

2019/1/1413:04:31

消防設備士の資格試験問題ですが、
P型1級受信機---回線数は制限なし。P型2級受信機--5回戦まで。
となっていますが、その一方で
P型1級受信機---警戒区域は7警戒区域までなっています。

この「回線数が無制限」と「警戒区域は7区域まで」という違いがよく
理解できません。わかる方はご教授ください。

閲覧数:
82
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

2019/1/1520:04:12

>P型1級受信機---警戒区域は7警戒区域まで
そんな決まりは存在しないよ。
「7警戒区域まで」なのは「1本の共通線を共用できる警戒区域数」だよ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/1/1520:25:42

    ということは1本の共通線に7警戒区域にすればいいので
    あって、ひとつの受信機には別の共通線を持った感知回路
    は何本あっても良いのですか。
    またこれとは別にP型2級受信機は感知回路数は5回線ま
    でなのでしょうが、この場合の一本の共通線にはいくつの
    警戒区域を持たせることができるのでしょうか。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/17 23:27:09

ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる