ここから本文です

回答受付終了まであと4日 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

バッハの平均律1巻で今まで1.2.13.16をやりました。次の曲を悩んでいるのですが、...

アバター

ID非公開さん

2019/1/1416:26:56

バッハの平均律1巻で今まで1.2.13.16をやりました。次の曲を悩んでいるのですが、おすすめを教えてください。先生からは好きなの譜読みしてきていいと言われました。

閲覧数:
42
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kys********さん

2019/1/1713:21:50

一巻で好で超お勧めは23番で前奏曲の美しさが特筆に値します。次にお勧めは19番でこれも前奏曲が美しいです。月並みなのは5番で、誰でも弾いているのでレパートリーとして持っておいて良いと思います。

二巻で24番は比較的短いので練習しやすいと思います。70小節以降のテーマの出し方が少し難しいかも・・・22番前奏曲が美しい。21番腕を交叉するところなど、弾き映えのする曲、美しさは申し分ない。18番前奏曲がベートヴェンみたいな劇的な曲、ただし、バッハはベートヴェンの真似をしたわけではないのは自明。フーガが少しけだるい曲。

17番は私が、平均律を弾こうと思ったきっかけとなった曲で素晴らしい。16番はあたかも超難曲でみんなは弾くと驚くこと間違いなし。数曲弾くときに最終曲に持ってくるにふさわしい曲。多分、とくにフーガを弾きはじめたら夢中で取り組み、むつかしさなどどうでもよいと思うぐらい夢中になる劇的な曲です。

14番プレリュードの美しさと、フーガの面白さの虜になります。ほか、8番、11番、12番、・・・結局全部弾いてください。

hat********さん

2019/1/1422:10:52

それだけ先生のもとで真面目にやっていれば、かなり頼もしいですね。

4, 8, 20, 22 などの、音楽的に深い内容の曲をやるのがいいんじゃないでしょうか。

上記4曲のフーガはいずれも複雑難解かつ、宗教的な気高さに満ちた傑作です。全て取り組む価値があります。

第4番は、3重フーガ、5声、反行形・ストレッタあり。
バッハの数ある作品の中でも極めて秀逸です。
3種類の主題が巧妙に対位されながら次々と発展し、バッハの天才的な作曲技能がこれでもかというほど披露されています。分析するだけでも非常に大変です。これを人前で弾けるなら、バッハにはかなり自信を持ってもいいと思います。

第8番は、3声しかないですが、反行形・拡大形・ストレッタあり。
長いメロディーで息を切らさないようにしつつ、これらを処理するのが大変です。

第20番は、4声、反行形・ストレッタあり。
4声がほぼ常に鳴っており休む暇がなく、そのうえ非常に長い曲なので大変です。音域も広く、壮大な響きがあります。細かい分析も大変ですが、常に大きな流れを意識して弾く必要があります。

第22番は、5声、ストレッタあり。
上3つに比べるとシンプルです(でも質問者さんの取り組んだ4曲よりは複雑なので油断は禁物です)。祈るような気持ちで、合唱のような温かい響きを作り出す必要があります。イエスの受難を描いていると言われており、宗教的に最も難しいといいますか、人間的な深さを試されます。個人的に最も好きな曲です。

上記4曲を聞いてみて、自分が感動した曲を選んでみてはどうでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる