ここから本文です

厄年について質問です。前厄本厄後厄とあると思いますが、その3年間は毎年お祓いに...

syu********さん

2019/1/1518:04:37

厄年について質問です。前厄本厄後厄とあると思いますが、その3年間は毎年お祓いに行った方が良いのでしょうか?それとも本厄だけで良いのでしょうか?教えてください!

閲覧数:
54
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cat********さん

2019/1/1911:01:36

厄年に厄払いも何もしませんでしたが何も起きませんでしたよ。まあ、行かなくても大丈夫でしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mit********さん

2019/1/1920:09:14

独身の時の厄年はなにもありませんでしたが、結婚してからは家族が増え悩みごとやイベントも増えたので毎年いくようにしています。
大厄の前後で父がなくなり流産を2回して主人が借金をしてきました。

cat********さん

2019/1/1911:04:25

厄年は根拠の全く無い明白な大嘘です。

何故残っているのか?勿論、神社の金儲けのためです。

歴史のある神社仏閣だと、中興の祖とか言われる人が良く居ますが、新しい金儲けの方法を考案して、経営を立て直した人を指していることが多いです。

例えば金毘羅さんの場合は、金毘羅の「金」の字をお守りや御札に入れて、いかにも金運が良くなりそうだと評判になり爆売した別当(住職の責任者)が中興の祖です。

厄年なんて、神道の教えには無かったものですし、仏教でも、八卦の様な占い、まじないでもありません。

調べていくと、嘘みたいですが、どうやらただの語呂合わせと言われていて

男 42歳=死に、女 33歳=散々

言われもいい加減なら、運用もいい加減。

神社は主として満年齢、お寺は数え年を基準とすることがあり、最大で2年ズレます。

しかもその暦、現在日本で使われているのはキリスト教のグレゴリオ暦です。キリスト暦で数え年?笑

もうギャグ以外の何者でもありません。

信じる、信じないは自由です 笑

nil********さん

2019/1/1518:09:28

一度で十分です。
行くのは、前厄本厄後厄どれでも。
なんなら行かなくても大丈夫です。

いい加減な答えのようですが、実際そんなものです。

自分は厄払いはしなかったですが、そのあとに金運が大幅によくなった時期もありますし、今のパートナーとも巡り会いました。
反面、厄払いしなかったからかな?と思うこともあります(ぎっくり腰になり、それ以来腰痛気味です)。大病などはありません。

信心深い目線でいうと、「気」は大切ですので、気になるようでしたらちゃんと厄払いしたほうがいいと思います。

「厄年、前厄本厄後厄」に関する質問

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる