ここから本文です

英語の質問があります。

アバター

ID非公開さん

2019/1/1607:20:11

英語の質問があります。

No damage can be caused to the ozone layer.
これは、テキストには、「オゾン層に害を与えることはない。」と書いてありましたが、なぜ、can be causedと受け身になっているのですか?
damage=害自体が、cause=与えるのではないのですか?

閲覧数:
19
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pen********さん

編集あり2019/1/1607:29:20

causeは「~を与える」ではなく「~を引き起こす」です。
どちらにしても「~を」に当たる目的語が必要で、damageがその目的語です。
damageが別の何かを与えるわけではないので、能動態ではなく受動態の形になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/1/1607:46:35

cause XX to YY が「YYにXXを与える」となっているので cause =「与える」と誤解なさっていることよりも、もっと深い部分で問題があると思います。


「害『を』与える」を「害『が』与える」べきだと思ってしまっていらっしゃるから辻褄が合わなくなるのですよ。

英語では受身になっているのを、存在しない主語があるかのように能動態に「意訳」してあるから混乱されるのでしょう。

実際はこういうことです。

No damage(主語句)
can be caused(受身の動詞句)
to the ozone layer.(副詞句)

ほぼ直訳だとこうなります。
=>「オゾン層に対して、もたらされる害はありえない。」

これを「意訳」した結果がテキストに出ている訳ですが「オゾン層に害を与えることはない。」という文を読めば「与える」という動作をしているのはなんであろうか、という疑問が浮かんできても不自然ではありません。(文脈から理解できるのかもしれませんね。)でも、害という名詞はあくまで「与えられる」という受身の役割をしているのですから、それ自体が「与える」という動作の主体にはなり得ません。

英語での主語/目的語の区別は絶対的なものなので、惑わされないようにご注意ください。日本語では主語の省略が頻繁に起こりますが、その感覚で英語の「動作の主体」をおろそかに扱ってしまうとわけが分からなくなることが多いです。

ご参考まで。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる