ここから本文です

土地代金と家賃(間代)の違いとは?簡単に説明をよろしくお願い致します。

アバター

ID非公開さん

2019/1/1716:59:53

土地代金と家賃(間代)の違いとは?簡単に説明をよろしくお願い致します。

閲覧数:
28
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ina********さん

2019/1/1717:28:02

土地代金といえば、買った土地の代金のことですが、文脈から借地代として回答します。借地代とは、土地を借りて使用します。事前に家主との合意の上で、家を建てたり、駐車場や資材置き場などそのまま使う場合もあります。そして土地を借りている代金として払うのが借地代で、通常毎月支払います。この時、借地権を登記する場合は登記承諾料として、一時金を支払います。家賃とは、戸建ての場合は土地と建物を丸ごと借りて建物と土地を使用する権利を得ます。通常、土地の空いている部分に建造物を建てることはできません。また、区分(マンションやアパートの一部屋)で部屋を借りて使用します。居住するか店を出すかなどは家主と事前に合意して決めます。この使用料が家賃です。通常は、賃借権の登記は行いませんが、登記する場合一時金を支払います。因みに借地権や賃借権は登記すれば、より権利が強くなり単独での売買が可能です。但し、所有者の承諾が必要である旨契約書に記載されることが多いので、独断では売れないのが普通ですが、その場合、所有者に買い戻してもらうのが普通です。第三者に売った場合、買った人は所有者に登記承諾料を支払う必要があります。ざっとこんなところでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

あがく人さん

2019/1/2320:51:39

日本では土地と建物は別個の不動産ですね。

土地を借りるのは地代

建物を借りるのは賃料

です。

建物賃借権は特約がなければ、転貸も売却も出来ません。

建物所有を目的とした土地賃貸借は、地主が許可しなくても裁判所に借地非訟を起こし、代諾料を定めてくれて、それを払えば、土地賃借権を売ることができます。


権利の強さも違いますね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる