ここから本文です

受動喫煙対策の改正について質問です。 ホテルで勤務しております。

kab********さん

2019/1/1719:37:21

受動喫煙対策の改正について質問です。
ホテルで勤務しております。

受動喫煙対策の改正で2020年施行され、ホテルロビーなどの屋内では煙が漏れないような喫煙ブースなどを設置しなければ喫煙できないようですが、屋外(敷地内)においても喫煙ブースを設置しなければ喫煙は不可なのでしょうか。
詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

閲覧数:
171
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sim********さん

編集あり2019/1/1802:11:43

2019年1月24日施行の健康増進法25条の3に抵触します

(喫煙をする際の配慮義務等)
第二十五条の三 何人も、喫煙をする際、望まない受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮しなければならない。
2 多数の者が利用する施設を管理する者は、喫煙をすることができる場所を定めようとするときは、望まない受動喫煙を生じさせることがない場所とするよう配慮しなければならない。

※2020年4月施行は罰則制定と罰則の適用猶予の規定であって、総則は来週施行分です。
罰則はなくとも義務です。

他の方の回答で欧米では〜とありますが、米国ではドアや窓等の開口部から7mは禁煙です。(罰金あり)

私は戸外の受動喫煙で何度も喘息発作を起こしています。
ホテルに宿泊して喘息発作で救急搬送されたら、折角の旅行が台無しですよね? ホスピタリティとして如何でしょうか?

  • 質問者

    kab********さん

    2019/1/2116:54:39

    回答ありがとうございます!
    とても参考になりました。
    基本禁煙でもいいと思うのですが、少なからず喫煙の方もいらっしゃるので、受動喫煙にならないよう考えてみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kei********さん

2019/1/1812:38:35

西新宿のヒルトンホテルは外に喫煙所あるね

ホテルの客じゃない奴がたくさん使ってる

uht********さん

2019/1/1812:31:13

は~い、kab***さん
オラッちは「ウータン」と言います!

「改正健康増進法(以下、同法)」での話をします。
(長文で、ややこしくてスミマセン m(_ _)m ペコリ )

なお、※1~※2 は該当する条文の引用番号です。
(下部に、纏めて列挙してます)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まず、ホテルは同法において
「第二種施設」または「第三種施設」に該当すると
考えられます(※1)

正式にどちらになるのか未詳ですが、
少なくとも第一種施設ではありません。

参考までにオラッちは、
ホテルは「第三種施設」と考えています。


この「第二種(第三種)施設」において
――――――――――――――
屋外(敷地内)においても喫煙ブースを設置しなければ
喫煙は不可なのでしょうか。
――――――――――――――

一応、「屋外喫煙場所」を設置しなくても
「第二種施設」と「第三種施設」では
「敷地内禁煙」では無いので喫煙可能です(※2)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下、条文の引用です。

《 条文引用 》
☛ ~ ☚ に囲まれた文は、オラッちの注釈です。


※1(第一種施設 ~ 第三種施設 の定義案)
……………………………………
◇ 健康増進法改正案(受動喫煙防止対策の強化)の概要〔案〕
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/house...

「第一種施設」:小中学校、病院(一定の例外を設ける)、児童福祉施設 等

「第二種施設」:大学、老人福祉施設、体育館、官公庁施設 等
☛ 官公庁施設は、同法では「第一種施設」となってます☚

「第三種施設」:第一種施設、第二種施設及び
特定事業目的施設以外の多数の者が利用する施設
……………………………………

※1(第一種施設、第二種施設の定義)
……………………………………
同法 第二条
☛ その内の 第二十五条の四号関連で
同条第四号の次に、次の八号を加える。
と、されている条文の内の二つの項 ☚

五 第一種施設
多数の者が利用する施設のうち、次に掲げるものをいう。

イ 学校、病院、児童福祉施設その他の受動喫煙により
健康を損なうおそれが高い者が
主として利用する施設として政令で定めるもの

ロ 国及び地方公共団体の行政機関の庁舎
(行政機関がその事務を処理するために使用する施設に限る。)


六 第二種施設
多数の者が利用する施設のうち、
第一種施設及び喫煙目的施設以外の施設をいう。
……………………………………


※2(喫煙可能な根拠)
……………………………………
同法 第二条
☛ その内の
第二十五条の五の見出し中「特定施設」を
「特定施設等」に改め、同条第一項を次のように改める。
とされている条文(第三種施設の定義はありません)☚

何人も、正当な理由がなくて、特定施設等においては、
次の各号に掲げる特定施設等の区分に応じ、
当該特定施設等の当該各号に定める場所
(以下この節において「喫煙禁止場所」という。)
で喫煙をしてはならない。

二 第二種施設 次に掲げる場所以外の屋内の場所
イ 第三十三条第三項第一号に規定する喫煙専用室の場所
ロ 喫煙関連研究場所
……………………………………

「第二種施設」では『屋内の場所』での喫煙がダメ
となっていますね。「敷地内禁煙」ではありません。

「第三種施設」では「第二種施設」より緩やかなので
当然、「敷地内禁煙」ではありません。


ここで「特定施設」とは
……………………………………
厚生労働省健康局長通知 健発0725第1号

(5) 特定施設
第一種施設、第二種施設及び喫煙目的施設をいうものとすること。
……………………………………

ややこしいですね~
下図が分かり易いかも・・・

では、では。

は~い、kab***さん
オラッちは「ウータン」と言います!...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

i_k********さん

2019/1/1722:42:48

病院や学校等の施設においては敷地内禁煙を指示しているようですが、それ以外の施設において敷地内の屋外については詳細が言及されていないように思います。
ま、配慮せよという見解もあるので、例えば敷地内でも人の動き?出入りが少ない影響が薄いであろう箇所に喫煙所を設置するのは問題ないかと思います。
屋外でも密室的ブースを設置しなければならない、という決まりは未だないはずです。
屋外における副流煙や受動喫煙の影響についてはエビデンスがないので難しいところですが、現状そんな感じだと思います。
欧米なんかだと外で吸う、吸われる分にはどうせ匂いとかもなにもかも空気に希釈されるから大した問題ではないと思っている人が多いようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる