徳川家康が前田利家あたりくらいに亡くなっていたら 確実に伊達政宗や黒田孝高(如水)あたりが、地域関係なく 天下収めていましたよね?

徳川家康が前田利家あたりくらいに亡くなっていたら 確実に伊達政宗や黒田孝高(如水)あたりが、地域関係なく 天下収めていましたよね?

日本史 | ドラマ252閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

毛利輝元が恐らく狙ったでしょう。 宇喜多、島津を丸め込んで狙ったと考えられます。 上杉も周辺諸国に支配の手を伸ばしたと思います。 天下を治めたのは恐らく毛利だと思いますね。 政宗は立ち回りが上手いので天下を取れたかもしれませんが、黒田は戦が上手くても、年齢を考えると無理かと。

その他の回答(6件)

0

伊達政宗や黒田如水については後世、伊達家や黒田家が脚色してその功績や実力を大げさに言い立てているだけで、天下を取れる見込みはまずありませんでした。 仮に家康がいなくとも最大の大名であった徳川家が最有力なのは間違いありませんが、当時の秀忠に家康ほどの人望もないので当面は名目上、豊臣家を頂点として徳川家や前田家など有力大名の連合政権的なものとなったでしょう。

0

どちらも無理です。 一番ないのが黒田孝高です。中津18万石です。 50万石の大大名になれたのは息子長政のおかげです。 孝高(如水)は、秀吉に警戒されていたので、縁もゆかりもない九州の1大名に落とされました。元々は、播磨の小寺則職の家老で、養女(明石氏)を孝高の父親に嫁がせて、一族扱いにしたことにより父親が小寺姓を貰い、孝高は、小寺姓になったと言われております。孝高は、若い頃の兵力が300人位しか動員できなかったので、石高的には1万石位かと思われます。 家柄からすれば 赤松氏が守護 浦上氏が守護代 小寺氏、赤松氏の分家の宇野氏の庶流 黒田氏、赤松氏の分家の宇野氏の庶流から養子を貰っている立場 多分、黒田孝高の父親が、実力で、石高を増やしたのだと思われますが、家柄はよくありません。 伊達政宗 守護(追加守護 元々奥羽には守護がいないかった大崎氏を吸収)奥州探題 留守政景 守護代(追加守護代 奥州守護大崎氏の留守職) 大條氏 伊達氏の分家 大條氏分家 伊達家の分家の庶流 黒田家は、今でいうサンドウィッチマンの伊達ちゃんの大條氏の分家の人からお嫁さんを貰った感じの家柄になりますが、そのお嫁さんは養女にあたるので、そう考えると家柄的にはそんなに良くない事になります。 黒田こと小寺孝高が、小寺氏の家老で、織田信長に降伏して、秀吉の与力に付けられましたが、主君の小寺氏は裏切り、黒田姓にもどして、そのまま秀吉の与力で、織田信長の死後は秀吉に仕えた事により、中津18万石を与えられましたが、秀吉からしてみれば、あくまでも織田信長配下の秀吉与力の1万石相当の大名だったので、警戒されたということですが、それでも18万石は相当な待遇だったと思います。 18万石で養えるのはせいぜい5400人で、天下取りはまず無理です。 政宗は、秀吉が、政宗の同盟相手北条氏の小田原城に攻め込んできたので、降伏勧告を受けて降伏しました。北条に援軍を差し出す事も考えられましたが、もし、降伏しなかったら、政宗は良くて隠居、代わりに政宗の叔父である伊達(留守)政景か伊達(国分)盛重あたりが、伊達家の当主になったと思われます。 秀吉に降伏する前は政宗が直接支配した土地が約117万石、大崎・葛西・岩城が約30万石、婚姻関係の田村が約5万石、なので、大体150万石の領地でしたが、会津蘆名・白河結城・須賀川二階堂の領地迄返上し72~74万石位に減らされます。(田村5万石は、片倉小十郎の領地として与えられ事になりますが、後日、飛び地となってしまい、独立大名にされるのを恐れた小十郎が固辞して、蒲生→上杉領となります)更に、大崎葛西一揆の平定の褒章として、大崎・葛西・黒川の約30万石を政宗に与えられますが、米沢や福島、白石などの領地を没収され、約57万石に減らされます。 元は約150万石で、約74万石に減らされ、約57万石になるという事は、単純に家臣団の領地も3分の1ですが、他に政宗が、政宗の親戚の大名家や同盟関係の大名家(石川や結城、和賀、蘆名の分家の針生、猪苗代など)が改易になった家臣も召し抱えており、家臣団によっては3分の1どころか5分の1に減らされたり、再び秀吉と戦って、領地を得ようと考えるものも多くいました。特に、北条と組んで秀吉と戦おうと考えていた伊達成実(伊達家の分家です)の家中は、秀吉の仕置に納得がいかず、虎視眈々と狙っていました。それ以外にも京都にばかりいる政宗よりも伊達成実(父親が政宗の祖父の弟、母親が、政宗の父親の妹という血統)を当主にしようとか、徳川家康と親しい(秀吉に降伏派)の伊達(留守)政景(政宗の叔父)を当主にしようと考えた者もいました。さらに成実の家臣団が頭に来たのは、政宗とは敵対関係で政宗に降伏した為に改易になった大名の石川昭光(政宗の父親の弟なんだけど)が、家臣団で一番上座にされた事でした。昭光の妹(これも政宗の父親の妹なんだけど)が佐竹義重の正室だったこともあり、政宗と常に敵対していた関係であり、政宗の叔父であるがゆえに和睦の交渉などもしていたので、こういった待遇(政宗にとっては敵側にいても恩人であった)になったのですが、伊達家中で7万石以上の領地を持っていた伊達成実の家中は今や1万石ちょっととなり不平不満が爆発して、反乱を起こします。伊達成実は不在だったので咎められませんでしたが、成実の家臣団は解体されます。また政宗の叔父である伊達(国分)盛重の家臣団も反乱を起こし解体され、盛重は妹(?盛重の子供達の年齢的から考察すると姉だと思われます。)の嫁ぎ先である佐竹義宣(政宗の従兄弟の大大名です)に逃亡してしまいます。 伊達成実(一番歳の近い従兄弟兼叔父さん)も伊達(国分)盛重(一番歳の近い叔父さん)も政宗にとっては主戦力だった家臣団が解体されて、有能な指揮官も失ったのがちょうど、関ケ原前夜でした。伊達成実は、その後徳川家康や上杉景勝などに5万石という厚遇で招聘されますが辞退します(黒田家で言えば後藤基次みたいなものです。多分、当時としては後藤基次よりも諸国の大名は欲しがった人材でしょう)。関ケ原の合戦で、なぜか叔父(成実にとっても叔父です)の石川昭光の部隊に参加して大活躍します。成実には男子が産まれず、後に政宗の養子を貰い、亘理伊達氏の祖となります(彼の子孫が、北海道の伊達家の男爵家です)。政宗の死後は徳川家光の御伽衆をして、戦国時代が好きな家光を喜ばせたそうです。 それはさておき、政宗が、名門であり、実力がありながら、家康に屈服したのが、この秀吉による減封の嵐で、これは、南の名門の島津家でもありました。当時豊臣政権下で政宗と一番親しかった、島津義弘の息子である島津忠恒は、伯父である島津義久が秀吉の九州征伐で領地を減らされて、隠居させられました。その義久の養子が忠恒で、秀吉と誼を結んで、大隅に領地を多く得た家老の伊集院忠棟を惨殺しました。これは、政宗による、伊達分家と国分一族の粛清ににており、庄内の乱と言います。これによって、義久は薩摩で伊集院の残党と戦う事となり、代官である島津義弘が、寡兵で家康に援軍に行き、伏見城に入ろうとして鳥居元信に島津の軍勢に仮装した三成軍だと疑われて、伏見城に入れなくなり石田方に付くことになります。これで、島津一族も天下取りから後退します。 政宗も忠恒(後の家久)も名門だけに秀吉に降伏してから分家の待遇に苦心しました。秀吉としては、歯向かう相手を内部から崩壊させて弱体化させようとしました。家康は、そんなに名門でもないですし、荒れ地だった江戸を短期間で豊かにしたのでダメージは少なかったので天下取りできましたし、黒田孝高は、信長に降伏した家臣団から秀吉に付いた与力で名門でもなかったので、飛躍は出来ませんでした。ただ、息子の黒田長政は、子供の頃から秀吉の人質で、立場は悪かったのですが、秀吉政権のプリンス達(福島正則や加藤清正、浅野幸長など)と交流があったので、家康について切り崩しをした功で50万石を超えた大大名になれました。黒田孝高は名軍師だと言われておりましたが、天下を取るには人脈的に弱いですし、秀吉程、領地も権限も無かったので天下取りは無理だったと思います。 普通に家康が死ねば、徳川家はお家騒動が起きて分裂するでしょう。その間に石田三成が、佐竹義宣と伊達政宗と島津忠恒あたりを大老格に押し上げて、毛利輝元や上杉景勝のけん制をさせると思います。そうなると、室町幕府みたいに諸国の大名の連合王国みたいな感じになったと思います。黒田家はただの18万石の中堅の大名のままでしょうね。

0

秀頼が若く、有力大名で政治を行っていく豊臣政権の五大老という制度では、家康と前田利家が亡くなってしまったら維持出来なくなってしまった可能性が大ですね。秀吉が秀次を自害に追い込んだ時点で豊臣政権の瓦解は決まっていたのかもしれません。 おそらく、また有力大名が群雄割拠する戦国の世が再来していたでしょう。家康が死んでも200万石を超える領土を誇っている徳川家、伊達家、前田家、上杉家、毛利家、島津家などが、次の天下を狙える有力な大名といえるのはないかと思います。黒田家は如水がすぐに寿命を迎えてしまうので天下は厳しいと思います。秀吉に警戒され僅かな領地しか与えられていませんし。 乱世が長引き、かつ秀頼が優秀な人物だったなら豊臣家が再び天下を取れる可能性も有り。 私の仮説は家康が関ヶ原より前に亡くなったと いう仮定の話です。

信長と長男信忠亡き後、織田家の当主を決めた清洲会議みたいに、家康、利家亡き後、誰が秀頼の後見人として大坂城に入るか決める会議が開かれるが、有力大名は清洲会議で勝った秀吉が天下人になった経緯を知っているので、次の天下人になる為に野心丸出し。会議は紛糾して物別れに終わる。 上杉家が上手く後見人になれれば、上杉は豊臣に忠節を尽くしてくれる可能性があるので、豊臣の天下になった可能性も。 石田三成らの近江派と加藤、福島などの尾張派が上手く仲直りして、豊臣家を支えていければ豊臣の天下も。しかし、実際の所、難しく三成は早晩尾張派に消されるだろう。 有力大名の対立と豊臣家臣団の対立で、再び戦国時代になる可能性大。

0

黒田如水の方は関が原のどさくさにまぎれて天下を狙ったと言われていますが、石高は高いとは言えず、そういったどさくさにまぎれなければ、天下を狙うことは出来なかったと思います。 家康が早く亡くなっても結局は徳川家が石高が一番大きく、一番の実力者でしたから、可能性は家康よりは低くても結構徳川家が天下を取る第一候補だったかもしれません。 秀忠では無理でも家康の死ぬ時期によっては後継者は別の選択もあったと思いますし・・・