ここから本文です

いわゆる「北方領土問題」に関してですが、ロシアは盛んに「第二次世界大戦の結果...

アバター

ID非公開さん

2019/1/2221:39:28

いわゆる「北方領土問題」に関してですが、ロシアは盛んに「第二次世界大戦の結果としてロシア領になった」と主張します。しかし、ソ連が北方領土に侵攻したのは1945年8月18日です。

一方で終戦の日は8月15日です。日本からすれば「それは戦争が終わったあとに行われたことである」という解釈が成り立ちます。

しかし日本政府は馬鹿の一つ覚えのように「北方領土は日本固有の領土」と主張するだけです。
「ソ連の侵攻は戦争が終わって3日後の出来事だから、『第二次世界大戦の結果としてロシア領になった』というロシアの主張はおかしい」とはっきり主張すべきであると思いますが、なぜ日本政府はそう主張しないのでしょうか?

「それを主張して北方領土が返ってくるかどうか」は別として、主張すべきことはしっかり主張しないと、「日本は主張しない国である」と世界から馬鹿にされるのではないかと思います。国際政治で「沈黙は金」は成り立ちません。しっかり主張すべきだと思うのですが…。

閲覧数:
238
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kag********さん

2019/1/2422:57:22

8月15日は終戦ではないですよ。組織的戦闘を止めるよう天皇が指示した日であり本当の終戦は9月です。ロシアの言い分も正しい。固有の領土なんてないと思う。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

shi********さん

2019/1/2911:06:55

>> は盛んに「第二次世界大戦の結果としてロシア領になった」

法的根拠ゼロ。ロシアは、法ではなく武力で政治をする野蛮国なのだな。

>> は盛んに「第二次世界大戦の結果としてロシア領になった」

これは、「ロシアが、日ソ中立条約に違反して武力で千島列島を実効支配した」

という事だ。彼らは泥棒なのだから、彼らにしてみれば正当行為、なのだな。
クリミアも同じ。
だから、G8から除名された(現在G7)。

まぁ・・・、法的にいえば、1875の「樺太千島交換条約」が有効。
これが、文明人による法的な主張だね。

それ以来、国境に関する双国のイベントは一切無し。


そんな野蛮国に、蜜月を採ろうとする日本は、いずれ、戦前と同じようにケガするだろうね。まぁ、日本は4、5回はケガした方がいい。でないと、反省しない国だからね。

wro********さん

2019/1/2420:32:18

認識を整理して、、
「第二次世界大戦の結果」武力による領土拡張は罪とされた。我が国はそれまでに武力などで手に入れた土地を放棄した。
我が国は敗戦により戦勝国の統治を受けることとなり、国権回復後も南方や北方の島嶼部は占領統治が続いた。アメリカが統治した部分は返還されたが、ソ連(現在のロシア)が戦後統治する部分は未だ返還されていない。
そのロシアではソ連時代にウクライナの統治に組み入れたクリミア半島がロシア領であるとして返還復帰させた。これについて国際社会は異論を唱え、経済制裁が科されることとなった。
北方領土をロシアの領土とするなら、ロシアは武力による領土拡張の罪を犯すことになる。クリミア半島をロシア領というなら北方領土は日本領であり、戦後統治を終了し日本に返還しなければならない。
「日本固有の領土」とだけ言っていてはダメで、これくらいは主張しなくてはいけないと思います。

sha********さん

2019/1/2323:59:53

ロシアは条約に調印した日は9月だと言ってるんじゃないですか。

ポツダム宣言は連合軍が無条件降伏を迫って
日本も同意してそのあと正式調印のはずです。
時刻に都合の良いように述べ合うにしても肝心な
事実が伝聞れべるであれば、いろんな解釈が出てしまいますね
敗戦国の悲哀をいつまでも引きずってしまうのはどうなのかな。
ドイツとはかなり違った扱いかな。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

mut********さん

2019/1/2321:24:15

ロシアが停戦協定を無視し執拗に攻撃を続けたのは事実ですが、それ自体は交渉においてはたいして重要な意味は持ちません。
千島の領有を回復するにはサンフランシスコ平和条約2条c項の削除といった手続きが必要となります。

さて、ロシアが北方領土を「第二次大戦の結果ロシア領になった」と言い出したのはじつはつい最近のことです。
それまでは「ヤルタ協定」と「サンフランシスコ平和条約」を常に持ち出していました。

なぜ彼らの主張が変わったのかというと、これまで日本側は一貫して国後・択捉・歯舞・色丹4島一括返還要求をしてきたわけですが、国後・択捉と歯舞・色丹とを分けて交渉しようという流れになってきたのがその理由です。
日本が4島一括返還要求をし続ける限り、かれらは「サンフランシスコ平和条約」を盾に、千島を放棄しながらそこに属する国後・択捉の主権は主張する、という日本側の矛盾を突き要求を躱すことができました。

ところが、とりあえず歯舞・色丹だけ先行要求されると、そうした論法は使えなくなります。
ロシアが領有の根拠とする「ヤルタ協定」「サンフランシスコ平和条約」ですら対象にしてない、地政学上も北海道の一部で、ロシアが文字通り不法占拠してる土地なのだから、即時無条件で撤退せよ、と、歯舞・色丹に関しては日本としては整合の取れた主張ができるようになりました。

日本の方針変換にロシアは慌てて、まず、歯舞・色丹のロシアの主権を認めろだとか、それこそ馬鹿の一つ覚えよろしく法的、論理的整合性を欠く、情緒論に基づいた「第二次大戦の結果ロシア領になった」を言い始めたわけです。ほとんど破れかぶれです。かつて日本が千島を放棄しながらそこに属する国後・択捉の主権は主張し4島一括を要求していたように。

まさにロシアの弱点がさらけ出される格好なわけですが、とにかく功名に焦り国後択捉を放棄してでも平和条約を何としても結びたい安倍首相には、そういうことは見えてないでしょう。
ロシア紙は安倍首相を”Mighty Fool”と揶揄しましたが、確かにどうしようもない無能です。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ka3********さん

2019/1/2320:31:23

ロシア人は汚いんだよ!
条約が有るのに,
攻め込んで来たんだよ!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる