ここから本文です

アーナパーナ瞑想をしていると、おそらく15分位経過した頃に背中がつっぱったり...

アバター

ID非公開さん

2019/2/121:54:56

アーナパーナ瞑想をしていると、おそらく15分位経過した頃に背中がつっぱったり、
圧迫されたりします。これは、感覚だと思いますが。
そこで、ヴィパッサナー瞑想に切り替えます。

これでいいのでしょうか?
そして、ある背中の部分では強烈な痛みを感じます。
ヴィパッサナー瞑想とは、痛いものなのでしょうか?
私のやっている瞑想は正しい方向に向かっているのでしょうか?

どなたかご存知の方は、ご回答をお願い申し上げます。

この質問は、60代の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
69
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imo********さん

2019/2/221:39:13

ヴィパッサナー瞑想において、身体を観察していると、いろんな反応があるのですが、たまに痛みなどを感じる方がいます。

これは、その人の潜在意識下のカルマ(業)が反応していると考えられています。

その場合、それを放置せずに、客観的にじーっと観察し続けることです。

ここで大切なことは、その痛みについてあれこれと考えず、ただ観察するのです。そして、まるで他人の痛みを眺めるように、客観的に観察することです。

「観察する」を、「感じとる」とか「直接体験する」と表現する人もいます。ご自分にピッタリなものを選んでください。

繰り返しやってみましょう。不思議なことですが、やがて痛みが消えていくはずです。

方向としては間違ってないと思いますが、一度研修会等に参加されたらいかがでしょうか。私は、日本ヴィパッサナー協会の10日間の研修会に参加しました。参加費は各自の自由で、規則も厳しくなく、食事もおいしく、シャワーもあり、洗濯もできました。ただ、10日間沈黙を守らなければなりません。

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/3 00:17:04

ありがとうございます。
ヴィパッサナー瞑想協会の10日間コースを受講しました。その時は足が痛いだけで終わり、感覚はまったく感じませんでした。約2か月間アーナパーナ瞑想をやってから、背中に痛みが出てきました。コースでは痛みが出てくると言ってなかったと思うので、ご質問をした次第です。
痛みも感覚だと理解出来ました。
再度、10日間コースを受けようと思います。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ino********さん

2019/2/209:54:48

近頃、南方仏教の影響からか瞑想が流行ってきていますが、これって文字通りの意味は目を瞑って想うということですよね。
しかし、漢訳佛典には1語も出てこない言葉です。

大蔵経データベースで確認されると良いでしょう。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php

佛法としての坐禅は想ってしまっては駄目です。想いが生命を支配する図は本末顛倒です。
あなたもきっとその気でやっておられるのでしょう。
坐禅は想いの支配から生命を開放してやることなのです。


次に私の師事した曹洞宗の内山興正老師の文章を紹介します。

(「自分と自己」からの引用)

その点、坐禅、坐禅とよくいいますが、坐禅にもいろいろありまして、『永平広禄』巻七にも「外道も坐禅し、二乗も坐禅する」といわれています。つまり外道の人もーーたとえば印度のヨガの人なども坐禅するし、日本の生長の家の人でも、神想観といって坐禅みたいなことをやるわけです。「然りといえども、外道は着味(じゃくみ)の過あり、邪見の刺あり」と出ていますが、何か色合いがついている。味付けがしてあり、坐禅すると健康にいいとか、頭がよくなる、とかいう。インドの人たちは、坐禅して昇天の福を得ようとか、来世は天人に生まれ変わろうというのが殆どで「ゆえに諸仏菩薩の坐禅に同じからず」という。

それから又「二乗声聞も亦坐禅あり、然りと雖も、二乗は自調の心あり。涅槃を求むるの趣あり。ゆえに諸仏菩薩の坐禅に同じからず」とあります。いま南方仏教の人たちに出会ってきいてみても、坐禅してだんだん煩悩を細めていって、最後にはそれを全く無にするという。これはいわゆるの「自調の心」であり、最後には煩悩を断滅してニルバーナをえようというので、そのいうつもりになっています。ところが「諸仏菩薩の坐禅」というのは、これに反して「坐禅はまっすぐにただ坐禅する」という一事に尽きます。坐禅するーーただそれだけで、何の「つもり」ももたない。これが本当の坐禅であり、これを「祇管打坐(しかんたざ)」という。

ところがみんなそうじゃないでしょう。皆さんたち、どういうつもりで坐禅しているか知らないが、折角、坐禅するのだから、ちょっとはよくならなければ損だと思う。--これは人間のアタマの計算であって、つまり人間社会分の一の小さな人間の打算勘定です。今はそういう会社なんかも沢山あるじゃないですか。
このごろ坐禅による研修とか練成とかいうのが流行っていて、社員に坐禅させる。社員に坐禅させるなんて、いかにも時間の無駄なようだが、しかしそのあとで能率が上がるから、けっして損にはならないといいます。これはなるで鶏に卵を産ませるために、いい餌を食わせても損にはならないというのと、どこが違う。人間の計算はいつでもそういう打算をする。--これはほんとうの生命の実物としての坐禅になりません。

いま道元禅師の坐禅は、どこまでも坐禅するという生命の実物をただすることです。坐禅するという現ナマの生命体験をいまここでやることです。われわれ坐禅中、頭に何も浮かばないのではありません。しかしもしこの場合、坐禅中に浮かんだ思いのどれかに首をつっこみ、その一事を追っているなら、これはもう小さな自分の考え事でしかなくなってしまっています。そうでなし。いまわれわれのする坐禅は、ただこの生命体験を生命体験のまま一切手放し。そうすると一切人間社会というのも自己の風景。またいろいろな思いが浮かんできても、一切手放しで、浮かぶは浮かぶにまかせ、消えるは消えるにまかせている。このときす
べては自己の生命の風景でしかなくなっています。一切手放しで、自己の生命の風景を生命の風景として観ているーーそういうのを黙照禅という。黙ってただ照らしている坐禅だからです。

zys********さん

2019/2/123:26:11

あなたは何か運動をなさっていますか?
身体が硬く、それでも姿勢を正そうとすると
どこかしら痛くなったり突っ張ったりしがちです。
かく言う私も身体が硬く、もともと姿勢が悪かったものですから
結構腰にきます。
柔軟体操などをしてからやって見たらいかがでしょう。

>私のやっている瞑想は正しい方向に向かっているのでしょうか?

あなたは瞑想を始めた時に、指導者やお坊さんに教わりましたか?
それとも本を読んでお一人で始めましたか?
できることなら教わりながらやっていったほうがいいです。
慣れてからなら一人でも構いません。

「ヴィパッサナー瞑想、アーナパーナ瞑想」に関する質問

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる