ここから本文です

ウィキペディアでは、日本の石灰岩は大部分が原地性と書かれています。 日本列島...

asa********さん

2019/2/609:12:21

ウィキペディアでは、日本の石灰岩は大部分が原地性と書かれています。
日本列島の多くは付加体からなると思います。

それであれば、外洋性のプレートで運ばれた石灰岩が多いのではないのでしょうか。

閲覧数:
17
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hei********さん

2019/2/620:02:19

付加体を構成する岩石は付加コンプレックスと呼ばれ、タービダイトで海溝に堆積した泥岩や砂岩、海洋プレートが海溝まで到達する間にたまった遠洋性の深海堆積物海洋プレート上に海山があれば、海山を構成する玄武岩やその上に形成されたサンゴ礁の石灰岩なども含まれます。
これらのうち、海溝に直接たまった堆積物を原地性、プレートで運ばれてきた海山や石灰岩を異地性と呼んで区別します。
お書きのように日本の石灰岩は付加体ですから原地性です。
外洋性のプレートで運ばれた石灰岩も海溝で一度はぎ取られたものが付加体としれ、日本列島につけば原地性になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる