ここから本文です

信用創造は詐欺ではありませんか?

lit********さん

2019/2/1100:21:41

信用創造は詐欺ではありませんか?

無から10倍のものを創ることに抵抗があります。

閲覧数:
92
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hor********さん

2019/2/1514:59:04

たしかにお金を回すだけでその規模が増えることは直感的に自明ではありませんし、詐欺と思われてしまうのも無理はありません。
しかし、もし詐欺という言葉をだますこととして捉えているのであれば、信用創造は詐欺ではありません。

そもそも信用創造とは、銀行が、誰かから預かったお金を違う人に貸すことによって実際に動いている貨幣の供給量を増やす仕組みのことです。しかしよくよく考えてみると、お金を貸した人が返せなくなったり、お金を預けてる人が怖いから返してと言ってきたりしたらすぐに破綻してしまいます。したがってこの信用創造とは、銀行に預けたお金はちゃんと返ってくる、また銀行が貸したお金はちゃんと返ってくるという信用のもとに成り立っています。この、銀行が信用を付与する、つまり信用をお金に変えることが信用創造の本質です。
このことから、無から作っているのではなく、信用からお金を生み出していることがわかります。

この一連のプロセスにおいて、登場人物は全てこの流れをしっており、誰かが誰かを騙していることはありません。また、それぞれがきちんとメリットを享受しています。それだけお金の循環の力は大きいということです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lot********さん

2019/2/1500:01:21

そうだと思います
だからよく言われる、預け入れと貸し出しを繰り返し増えていく、って言う説明がまかり通っているんだと思います。

kin********さん

2019/2/1208:57:57

おっしゃりたいことは理解できます。銀行が持ってもいない
お金を貸し付けていることに抵抗があるんですよね。私も詐欺的
な行為だと思います。

世間ではよく”民間銀行は借りたお金を他に貸して、利息の差
で儲けている”と言われますが、それは嘘なんですね。民間銀行は
借りたお金を他に貸すなんてことはしていませんからね。
銀行が貸すお金は現金でなくて、単なる数値の預金通貨なので
そんなことはしたくてもできないんですから。

銀行業界も賞められた行為ではないと自認しているんだと思います。
でなければ信用創造についてよく教科書に載っている嘘の説明を正す
だろうし、”借りたお金を他に貸している”なんて嘘も世間に広めない
だろうし。

製造業の業界から見れば、信用創造は詐欺的な行為と言ってもいい
でしょうね。製造業では商品を作るのに苦労しますが、信用創造は
魔法のように無から簡単に商品(貸すお金)を作り出せるから。

少なくともフェアではないですね。

民間銀行も苦労して現金を集めて、その現金を他に貸して商売をする
べきだと思いますよ。

chi********さん

2019/2/1100:26:01

あなたのおっしゃる「無」の定義が分かりません。

日銀は紙幣を発行していますが、それは「無から価値を創造している」ことにはならないのでしょうか?
本質的な価値のないはずの「紙切れ」と「通帳の上のインク」の間にどのような違いがあるとお考えでしょうか?

そもそも無を10倍にしたところで無では?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる