ここから本文です

攘夷つまり勤王と、開国つまり佐幕の違いを小学生でもわかるように説明してくださ...

spi********さん

2019/2/1109:22:42

攘夷つまり勤王と、開国つまり佐幕の違いを小学生でもわかるように説明してください。ひとつだけ、坂本竜馬を文中に入れてください。

宜しくお願いします。

閲覧数:
45
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

icu********さん

2019/2/1115:53:36

要するに敵か味方か、どちらが勝つか負けるかという単純な考えで争っていただけです。

竜馬は両方の良いとこどりをして新しい日本を作ろうとしたから両方から敵だと思われてしまったのでしょう。

幕府方は人間もそろっているし、知識もある。薩長方は武力があり意欲もある。ただ田舎者で頑固でけんかっ早い、今まで抑圧されてきただけに権力に対する執念は底知れない。

それでも竜馬のことだから生きていれば何とかして両方を丸め込んだと思う。犯人はただ個人的な恨みだけで殺した、というのだから返す返すも惜しいことでした。大体そういう人間は激情に駆られて自分は正義の味方だと思っているから始末が悪い。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cho********さん

2019/2/1111:25:00

最初の方の回答の様に カテ違いの用語

攘夷、開国 は政策です。
勤王、佐幕 は政権です。(政策を行う政府、指導者)

攘夷で勤王 は 政権が天皇指導の朝廷と言う政府に忠誠。で行う政策が攘夷
開国で佐幕 は 政権が将軍指導の幕府と言う政府に忠誠。で行う政策が開国

だから 時間的に変化する。

最初は
攘夷、勤王 と 開国、佐幕 の争い。

長州と薩摩 が 攘夷戦争をした(馬関戦争と薩英戦争)
で 大負けする。これを機に 薩摩。長州は 開国になった。
だから この時期には 開国で佐幕 は無くなった。皆 開国です。
勤王と佐幕は残った。
政策は開国だが 政権はどっち というのと同じ。

この時 薩摩と長州は 喧嘩状態。(いきさつは 禁門の変 とか 蛤御門の変
で調べる事)

この禁門の変で 長州は 天皇と朝廷の敵になった。(薩摩の暗躍がある)
幕府は これを機会に 長州つぶしにかかる。(長州征伐)

長州は 闘うにも 武器不足。買うにも 朝敵(賊軍)になったので 何処からも買えない。

この時 坂本龍馬が こんな狭い日本で 何時まで兄弟げんかしてる。手を結べと働きかけて 仲直りさせた(薩長同盟)
結果 長州は 薩摩→坂本龍馬(亀山社中 という会社を作っていた)→長州
という形で武器を入手 長州征伐で 幕府軍を破り勝利した。

ここから 本格的な 討幕 が始まった。
詳細は 明治維新 等のwikiなど読んで下さい。

eko********さん

2019/2/1109:34:09

攘夷と勤皇は別の概念。開国と佐幕も別概念。
攘夷は外国人を追い払い鎖国を守ること。逆に外国と積極的に付き合う事が開国。
勤皇は文字通り「皇室に勤める」。つまり、天皇中心の考え。佐幕は「幕府を佐(たす)ける」。つまり、江戸幕府中心の考え。
坂本龍馬は土佐出身。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる