ここから本文です

これまでも何回か質問させて頂いていますが、今回はYouTubeに投球動作をアップしま...

tor********さん

2019/2/1219:37:45

これまでも何回か質問させて頂いていますが、今回はYouTubeに投球動作をアップしましたので、それをご確認頂きアドバイスをして頂ければと思っております。

https://youtu.be/_eH16C0t-k4

悩みは回転の少なさです。
曲がりやすいレーンではそこそこ打てますが、速いレーンではサッパリで160くらいのアベになってしまいます。

ダウンスイングで既に手首が折れ、手首から先に降りてきてしかも手のひらは既にボールの外側にあり、リリースの瞬間にフィンガーでどうにかこうにか回転をかけている、という状況のようです。

これを改善して、少しでもボールの後ろに手のひらが、そしてボールの赤道くらいのところにフィンガーが来るようにしたいと思っています。

小指先行、肘を真っ直ぐに、など意識していますが動画を見る限り効果はありません。

ドリルから見直そうか考えておりますが、その前に投球動作をご覧になりアドバイスを頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

補足https://youtu.be/XhSqjhVkum8

回転数がわかるようにテープを貼って投げた動画もアップしました。
よろしくお願い致します。

閲覧数:
198
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2019/2/1421:19:54

もしかしたらドリルが抜けやすい可能性もあります。
かなり親指が抜けすぎという感じを受けます。
極端に言うと肩のあたりにきたら下に落ちてく感じです、サムを抜いてるというより抜けてしまってるという表現が適切でしょうか・・・

親指は抜けすぎればいいというものでもなく適切に抜けないと回転がうまくかかりません。
https://www.youtube.com/watch?v=gY-8BUnSgf4
アメリカのトッププロですが横から見ると軸足を過ぎてからリリースしてるのがよくわかります。
当然体格も違えば筋力も手の大きさも違うのでこれと同じことはできないと思いますが、それにしても今の状態はかなり抜けすぎと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=pO4FZjMG_YA
日本最強でPBA(アメリカのプロ団体)でも決勝トーナメントに進んだことがある川添プロですが軸足過ぎるまでしっかり保持されています。
軸足を過ぎるくらいでリリースするのは方向性の安定とリリースで適切に回転を与えるという2つの意味があると思います。アメリカの強い選手はほとんどが軸足を過ぎてリリースします。

ドリルの標準握り角度というものが今は広く知られていますがドリラーによってはかなり抜けるドリルにする人もいます。
これはスパンの長さ親指の太さによりサムの縦の角度をどう設定するかです。
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Sparta/7294/Drill.html
自分の場合はスパンが4と4分の1でサムの角度が16分の3フォワードになってます。
一般的に言うと自分のはだいぶ抜けにくいドリルですが、逆に言うとそれだけ持ちやすいとも言えます。
もし標準的な角度にするなら自分のスパンと親指の太さなら16分の1フォワードで標準ですがそれよりも2段階深くしてる事になります。
アメリカの高回転系の選手は基本的に握りやすくしてる人は多いと思います。
クリスバーンズも標準より2段階フォワード側に深いドリルでした(ドリルシートを見ただけなので現在はどうか知りません)

以前にスパンそのままで8分の1リバースにしたことがありますが、その場で持って手首を立てるくらいなら難なくできますがスイングしてリリースまで持っていくとどんなに力を入れても確実に手首が負けます、自分の場合力がかなり強くて握力65㎏くらいありますがどんなに力を入れても100%手首が折れボールが下に落ちます。
それくらい標準よりもリバース側にもってくとサムは抜けやすくなりボール保持が困難になります。
握り角度というのはボールの保持とリリースにおいて相当重要な要素になります。
ちなみに今の自分のドリルだと川添プロくらいのリリースのフィンガー位置なら3割程度の力で出来てしまいます(スローで撮影して自分で確認)からそれくらいドリルによって全然違ってしまうということは知る必要があるかと思います。


投球のバランス自体はあまり悪い感じはしないのでボールの保持に絞って回答しました。
ボール保持は感覚とか技術の部分がないとは言いませんが根本的なドリルの問題がある可能性もあるのでちゃんと自分のドリルが持ちやすいバランスなのかどうかを見ていくのは大事だと思います。

ただいきなり自分のように標準より極端にフォワード側に入れたりするとびっくりするくらいサムが抜けなくなるので注意してください…
手に対してスパンをどれくらいで取るかとかいろいろな要素がありますからちゃんとしたドリラーに見てもらう方がいいかもしれません。
ちなみに自分のスパンの取り方は手に対して標準かややぴっちりするくらい取ってます。

  • shi********さん

    2019/2/1421:48:42

    スポーツにおいてはほとんどが科学的な考えに基づいて指導されるようになっていますがボウリングではマイナースポーツゆえに感覚という完全に主観的なものに基づいて説明したり指導する人がいますがこれは非常に危険です。

    ドリルに関して言えば物理的に持ちやすいか持ちにくいか、抜けやすいか抜けにくいか、このバランスを探すだけで物理であり感覚ではありません。

    リリースではショーンラッシュや川添プロのようにリリース後握るような手の形の人は握ったまま親指抜いてリリースしてます、逆に手を開いた形になる人もいます、またはフィンガーとサムでつまむような形もいます、PBAの超一流でもそれぞれ違うんです。

    つまり人の感覚なんてまったくあてにならないものをうんうんと聞くことほど危ない事はありません。
    科学的に考えながら自分に合ったものは何なのかを自分でしっかり見つめていく事が大事だと思います

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fwk********さん

2019/2/1318:39:39

オーソドックスで良いと思います。
敢えていえば、リリース直前に手のひらで押しだす
イメージをもって投げると良いと思います。

で、このスタイルで完成に近い状態です。

無理にいろいろ変えていくと、腱鞘炎などの負傷に
つながってしまうように感じます。

自分で再現性がこのフォームでできているのならば
あまり変えないほうが良いと思いますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

chy********さん

2019/2/1318:13:22

日頃よりのご精進、ご苦労様です。

これ治すの大変です。

「小指先行」
バックスイングに上がって行くときに
小指先行になっていますが?勘違いでしょうか。
バックスイングトップから下げてくるスイングで
小指先行です。

「肘を真っ直ぐ」
意識しすぎない方がいいです。
逆手を取られて関節を痛めることがあります。
バックスイングトップで少し肘が緩むくらいでいいと思います。

動画を見て
「肩」からは力が抜けていますが
「人差し指」から力を抜かずに投げましょう。
手指から力を抜くのはもっと後の話です。

静止した状態で
ボールに指入れて
肩からボールを下げて
手のひら前に向けて手首が折れていたら
人差し指で押します。
それが、リリースの時の形です。
今は力いっぱい押してください。
その代わり肩からは力を抜きます。
手指に力が入っていて、肩から力を抜くのは難しいです。

その上で
リリースは、スイング最下点前に先に親指が抜けて
まだボールに刺さっているフィンガーの前を抜けた親指の穴が
「下に落ちて行く」ことで回転がかかります。
決してフィンガーで弾くことで回転をかけるわけでないから
しっかりイメージして投げましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=VBHgy3CmANg

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

djs********さん

2019/2/1316:39:55

カップリストまでいかなくても手首が負けているのが原因で、それは分かっていると思います。構えの時から手のひらにしっかり乗せ手のひらでボールの重みを感じながらスイング、入れ替わりのタイミングに合わせて脚を出していくと良いです。
いくつか参考動画を上げます。

https://youtu.be/PKf22Z_4Tcg

https://youtu.be/GlyA5STt9Ks

https://youtu.be/DgDERNpkGNM

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

d_k********さん

2019/2/1309:01:49

スロー動画を見ると手が先行してる感じがします。ボールのスィングにてを合わせましょう。でもこれが難しいんですけどね。

あとわたしの人差し指の使い方はアドレスからリリース前までは人差し指の先はボールから浮かせるイメージです。アドレス時は浮いてますがリリースは浮きません。
こうすることで人差し指の付け根でボールの重さをかんじます。さらに手首が折れにくくなりました。

ためしに人差し指を立てたまま手首を折ってみてください。きっと折れにくくなっているのが判るとおもいます。

リリースは立てた人差し指の上をボールを転がるようにしています。

重いホールです。指の筋肉ではなく骨でもちましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sss********さん

2019/2/1301:06:41

今の投球が貴方の個性でも有り何も変える必要ないと思います、
ではアドバイスにならないか?
アベレージ190も有れば目に見える様な投球変更は
しない方が良いと思いますし出来ないと思います。

①回転が有って爆発力が有る。
②スピードが有って爆発力が有る。
③コントロールが良くて爆発力が有る。
三つ揃えば言う事なしですが無理。
質問者さんは③だと思いますし、またそこを目指した方が良いと思います。

だだバックスイングトップの位置が腰の辺りってのが気になります。
ボールが振られて行く感覚は有りますか?
無いようで有れば親指に力が入っていると思います
柔らかいリリースが出来ません
親指に力が入ってるから手のひらがボールの後ろに来ないってのも有ると思います、意識だけですので、少しやって見て下さい。
気付かない内に力が入っているものですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる