ここから本文です

銀行や信用金庫、ベンチャーキャピタル、投資家などは、一旦、さきに概略資料や要...

nai********さん

2019/2/1603:13:04

銀行や信用金庫、ベンチャーキャピタル、投資家などは、一旦、さきに概略資料や要約説明を渡してから、ざっくり銀行などに見てもらってから後日に面接でしょうか?

それともアポイントからいきなり面接で資料を提示しながら、いちから説明するのが一般的でしょうか?

面接までの流れとしては、どちらのパターンが多いかお願いいたします。

閲覧数:
29
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

たたたさん

2019/2/1611:26:09

規模にもよりますが、大規模に投資を受けるなら
①会って概要を話す(資料は渡さない)
②NDAを結び、初期資料(決算書や計画)を渡す
③意向表明書をもらう
④基本合意
⑤デューデリ
⑥着金
ですね。
小規模なら①、②、⑤、⑥ですが。
融資なら、全く変わりますが…

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/2/22 12:34:00

毎度ありがとうございます。たいへん勉強になりました。感謝しております。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる