ここから本文です

キャンプツーリングでのバーナーについて

アバター

ID非公開さん

2019/2/1621:51:30

キャンプツーリングでのバーナーについて

春夏秋にバイクでキャンプをよくやるんですが、今使っているバーナーがプリムスのP-153でガスカートリッジは1~2日程度なら100gの小型カートリッジで、それ以上だと何泊でも250Gを使っています。(10日間でも250缶は使い切りませんでした)

今回、安直な考えで自動車用ガソリンが使用できるSOTOのMUKAストーブを買ってみて使ってみようかと思うのですが、そもそもにP-153に不満な点が全く無く非常にコンパクトである点が気に入ってるので、もしかすると買っても「音がうるさい」「荷物としてデカい」「操作が面倒」「弱火しにくい」等のデメリットがあるだけでメリットが「燃料が簡単に手に入る」以外殆ど無いんじゃないかと思い、ちょっと冷静になってしまって悩んでいます。

どうなんでしょうか、その通りになっちゃうんでしょうか。

ちなみに、道具へのロマンみたいなものはあんまり持っていません。道具は全て利便性が高い事が何よりだと思っています。

閲覧数:
217
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

Snow Catさん

2019/2/1704:24:12

P-153ウルトラバーナーをお使いでガスの使用量も少なく不満が無いのならMUKAストーブは結局油切れおこすのでポンプはメンテしないといけませんしセッティングも収納(特に残りガソリンの臭い)も面倒だと思われるだけだと思います。

私はバイク以外にも様々なスタイルでキャンプしてますが、ガスの場合以前はライトパッキングや釣りでは火力も強く風にも比較的強いP-153が主流でしたが現在はマイクロレギュレーター内臓ですり鉢状ヘッドで風防がほぼ必要無いウインドマスター SOD-310ばかりを使ってます。

自己責任になりますが詰め替え君を使い冬季ならユニフレームのユニフレームプレミアムガス(イソブタン95%)を残量の少なくなったOD缶に詰め替えて使ってますし暖かい季節なら3本250円程で買えるブタン100%をOD缶に充填して使ってるのでコスト面でも赤ガス使うメリットは感じ無いです。(マイクロレギュレーター優秀ですよ?)

MUKAストーブ SOD-371は所有してませんが、P-153に比べ燃費が良くSOD-310のすり鉢状バーナーヘッドが非常に優秀で使い勝手が良いので(主に耐寒&対風)重視して追加でストームブレイカー SOD-372を購入して以来、主にバイクツーリングキャンプで使ってます。(以前は123Rやpeak1、長期ではMSR国際使ってました)

私の場合何故?バイクツーリングでコンパクトで手軽なウィンドマスターではなく、ストームブレイカーなのかと言うと?予備燃料が1ℓある安心感です、ツーリングキャンプで以前林道走行中、天候が急変したので野営して朝起きたら強風か?雨でぬかるんでか?バイクが倒れててオーバーフローで燃料が少なくなった事がある為と地方を走っていて時間帯も悪く給油出来ずに困る事が良くある為でそれを除くメリットはバイクの燃料が使える事ですが、外車や逆輸入車でハイオク仕様だと371も372も使用出来ないので注意が必要です。

結局ストームブレイカーならガスも使えるので収納時ホースの残りガソリンで臭くなるから(予備としないなら小さいタンクでも良いですが)赤ガスは濡れもの乾燥や暖房目的、長時間の調理以外ほとんど使わず、気化供給&液体供給も出来るので寒い時期はバイクツーリングのみならず安値なブタンガスを充填して多用途で使ってたりします。

利便性を重視され買い足すのなら、風防不要なすり鉢状ヘッド、レギュラーガソリンのみならずガスで気化供給も冬季の液体供給も出来るストームブレイカー SOD-372のほうが良く無いですか?(不具合が出た時用にP-153は予備として長期のキャンプツーリングに持って行けば安心ですし)

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/2/2022:35:46

    逆にレギュレーターのあるウィンドマスターというものに興味が出てきました。公式ではイマイチどういう利点なのか解らないのですが、より寒くてもガス缶が使えて火力が落ちづらい、というものなのですか?

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/21 10:17:44

現状で不満が無いですが、少しストームブレイカーが気になったのでまずそっちを買ってみて考えてみようかなと思います。皆様ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

auu********さん

2019/2/1800:00:29

そうなっちゃうでしょうね。
最初に買ったバーナーが寒さに制限があるならキャンプする季節を制限するようになるし、ドロップダウンが露呈する前に手早く使用を終える習慣が身に付くかも知れない。
それが当たり前になってしまうと、寒い季節でもお構いなしに使えるガソリンのメリット自体が無意味なものに感じられもするだろう。

燃料の調達のしやすさ、旅行中に持ち歩ける量、調達できる周期、沸かせられる量、耐風性、バーナーの特性がキャンプスタイルに影響を与えているはずで、今あるバーナーと入れ替えてみようと言うのが簡単に見えて簡単ではない。
それまでのスタイルでは長所を活かせなかったり、短所ばかりが目に付いたり。
それが嫌で新旧二台持ち歩くなんて無駄な荷物増にまでなったりする。

バーナーの買い換えだけでもすべての手順と段取りを全部変える原因になりかねない。
それまでの段取りに無理やりはめ込もうとすると悪印象ばかりになるよ。

朱鷺さん

2019/2/1721:52:27

道具にはこだわりがなければそうなると思います。

ムカでは無いですが、液燃バーナーに憧れて一つ持ってますが、プレヒートが手間、火力調整が出来ない、音がうるさい、など、ガスバーナーと比べてとにかく使いにくいです。

今の道具に不満が無いなら今のままでいいと思います。

har********さん

2019/2/1719:55:25

なると思う・・・
メリットの「燃料が簡単に手に入る」に関してなんですが、昨今の日本国、OD缶であっても比較的簡単に手に入るからね。コンビニ等には流石に・・ですが、ホムセンなら大抵は置いてあるからね。

tar********さん

2019/2/1719:07:18

MUKAストーブ所持しています。

デメリット
燃料ボトルが他社と互換性の無い広口ボトル
操作ツマミが複雑で操作方法が難しい。パッと見で操作方法が理解できない。
自動車ガソリン20L使用で寿命のジャネレーターと取説に明記。
火力は強火と大強火のみで、湯沸し専用の瞬間湯沸かし器。
寒い時期に圧力インジケーターの動きが悪くなる。
毎回50回以上のポンピング。
ポンピング回数が少ないと1m位炎が上がる。正しい圧力なら30cm位。
輻射熱でゴム製Oリングがやられて燃料配管よりガソリン漏れで炎上事故が報告されている。
プレーヒートカップが無いので、アルコール・固形燃料での予熱ができない。
本体・ポンプが共に部品点数が多すぎる→メンテナンスが容易でないのと故障率が高い。
風があると付属の風防を使用しないと、横風の影響をもろに受ける。
ガソリンしか使えず、灯油が使えない。

メリット
本体は畳むと結構小型
大火力しかない湯沸し専用機

便利性は無いです。
ポンピング回数が多いのが苦痛になります。

そのた
プレーヒート不要の画期的ストーブと言われているが、メーカーは一切言っていない。コールマンは昔からプレーヒート不要の機種を出している。
エアーでホース内の残燃料を出す行為は、OPTIMUS・MSRが先に行っています。

おすすめストーブは
燃焼音さえ我慢できれば、MSRのドラゴンフライです。
+8000円でサイレンサーも売っています。
灯油でサイレンサーを使うと予熱を十分すぎるほどしないと無理です。
サイレンサー乗せると振ってノズルをクリーニングすることが出来ないのでサイレンンサーを針金固定です。

MUKAストーブを購入するなら
操作ツマミが銀色のアルミ製のものが良いです。
黒いプラスチックのものは旧型ポンプです。

fis********さん

2019/2/1709:29:41

便利で安価ならカセットボンベが使えるシングルバーナーが良いと思います、ものによっては全部使えるのも有りますね、レギュラーガソリンはホワイトガソリンと違い精製が良くないようで、燃焼ガスには発ガン物質も有るようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる