ここから本文です

OEM版が入ったHDDに壊れたHDDの中に入っていたDSP版をいれて使いたいのですが可能...

11211121さん

2019/2/2212:38:37

OEM版が入ったHDDに壊れたHDDの中に入っていたDSP版をいれて使いたいのですが可能ですか?
また可能ならインストール時にOEM版は消せますか?

閲覧数:
92
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

vai********さん

2019/2/2214:56:12

技術的な可否と、ライセンス上の可否の問題は別々の問題ですが
それ以上に、その作業をやる人自身の知識やスキルが可否を大きく左右します。

ぶっちゃけ、DSP版Windowsをインストールするための
必要な基礎知識が揃っていれば
この質問を書く必要がありません。まったく、かけらほども…

つまり、インストールするための条件と行程を
学び、理解することが重要です。


ほとんどのWindowsユーザーはリカバリーシステム利用の経験しかありませんが
リカバリーシステムは、PCメーカーが専用化して実現してきた技術で
読解力不足や、論理的思考ができない人にはできない場合はあるかもしれませんが
説明書を読んでもリカバリーができない人はほとんどいません。

対して、OSのインストールは比較的難しいもので
どんなOSでも、インストールのためにパソコン自体を理解するところから始まり
さまざまな基礎知識が必要となります。

その上で…
Windowsは、その出荷のほとんどがPCメーカーや専門業者向けで
Windowsのインストールシステム自体を、一般大衆向けに
簡単にする努力をあまり行なってきていません。
そこにコストをかけなくても、充分にWindowsは売れるからです。

同様に、エラーメッセージにも前提となる知識が必須で
知識なしには、何を示唆しているのかわからないエラーメッセージが多々あります。

典型的なのは、Vista時代のPCにXPを導入しようとした時に見られる
HDDコントローラーのデバイスドライバー不足に対する
HDD自体の問題が起きているかのように見えるエラーメッセージがあります。
https://www.shop-inverse.com/yahoo/os.htm


それに比べれば、すでにUbuntuなどのLinux系OSのほうが
よほど簡単にインストールできるというくらいに
Windowsのインストールは、素人にとっては厄介なものです。


Windowsは「最悪返品ができる」というサポートが充実したOSですが
返品条件として、適合するデバイスドライバーが無いことを理由にできません。

リテール版やDSP版Windowsのパッケージには
デバイスドライバーに触れた文言が一切無く
"資料に反する"という理由での返品はできないのです。
(実質的にWindowsは、どのPCで動くかについて一切の保証がありません)


閑話休題
逆に言えば、今回の質問が行われたのは、知識が不足してこそのもので
そのため、説明すべき状況を、説明する必要性すら理解できておらず

思いつきから実現するまでの、いくつもの選択肢を
最初の三つくらい間違ったところから
次の選択肢がわからないで詰まっているような感じにも見えます。

そこで尋ねられても、正解を答えられる人はいません。

家電売り場に行って、灯油はどこにあるか問うようなものです。


大前提となるのは、DSP版のWindowsの

なんらかの部品の付属品としてのみ販売可能で
また、その対象となる部品と共にPCに組み込む場合のみ
使用権が認められるというライセンス上の規定です。


HDDの付属品として購入したDSP版Windowsを
HDDが壊れたから、代わりのHDDにインストールしようというなら
それは、基本的にライセンス違反しかできません。

OEM版Windowsが入った別のPCにインストールする場合も
その部品が壊れていたり、規格上組み込んで稼働させることができないなら
DSP版Windowsの使用権は行使できません。


またDSP版のインストールディスクが失われている場合も
普通はインストールディスク単体での再入手ができないため詰みます。

COEM認定される謎現象については、DSP版の購入元に問い合わせてみてください。
なぜかググっても、それについての公式な見解を見たことがありません。



HDDの利用可否は、基本的にはOSはハードウェアを支配するソフトウェア群ですから
一方のOSの支配が、他方のOSに干渉することは通常ありえません。

外付けHDDを使い回すような場合や
デュアルブートなどの、異常に特殊な運用でのみ注意する必要があります。

ですから、ハードウェア的に適合しているものであれば
HDDがどういう出自のものであっても、任意のOSでの利用に制限がありません。


ただし、世代の違うハードウェアであれば
規格の変遷があり、古いOSでは
新しいハードウェアを正常に扱えなくなる場合があります。

たとえばWindows7当初のインストールディスクがあっても
AFTのHDDへのインストールを行おうとすると問題が起きます。
Windows7のインストール媒体が古すぎるからです。
(Windows7 SP1のインストールディスクならば対応できます)

また、PC自体が新しい場合は
Windows7が対応できない場合も出てきています。


場合によっては、現行のLinux系OSなどで動かすほうが
よほど簡単にできるような場合もありえます。
Ubuntu18.04LTSやXubuntu18.,04LTSなら
AFTやGPTといった新しい規格にも当たり前に対応しています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

mkt********さん

2019/2/2412:14:46

一度ライセンス認証を受けたPCにはライセンスが付いていますからなんでもいいです。https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/qadoc?QID=018395#a03から最新版をダウンロードすれば、アップデートが楽です。

dam********さん

2019/2/2213:41:07

動作可能なPCに稼働可能なHDDを取り付けて、DSP版をクリーンインストールするだけです。
クリーンインストールする時に、HDDはパーティションの削除を行いインストールを続行です
注意
ドライバー関連を事前準備、特にチップセット・LANドライバー

m17********さん

2019/2/2213:27:00

どのHDDでもDSP版をクリーンインストールすれば問題ないです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kur********さん

2019/2/2213:26:25

OEM 版と DSP 版 Windows OS バージョンが、
同じで有れば OEM 版インストール PC に
ライセンスされて居るプロダクトキーを使用して、
DSP 版インストールメディアを使用して OS の
クリーンインストールは可能。
但しこの場合 DSP 版インストールメデイアは OS のみの
クリーンインストールの為 PC に最低限必要な
ドライバーソフトウェアは、自分でインストールを
行う必要が有ります。

又 DSP 版でインストールする場合 HDD に作成された
パティーションを解除して新たに自分でパーティションを
作成後フォーマットを行えば前情報は全て削除されます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sih********さん

2019/2/2213:24:45

> OEM版が入ったHDDに壊れたHDDの中に入っていたDSP版をいれて使いたいのですが可能ですか?

可能です。

ただ、ほとんどの DSP 版はセット購入したパーツとのセット使用が必要となります。
HDD だけを取り換えて、パーツと OS のセットが変わらないのなら、問題ないでしょう。

そうではなく、他のパソコンの HDD に DSP 版をインストールする(セット購入したパーツとセットで使用しない)場合は、ライセンス違反になってしまうでしょう。

もちろん、単体で購入した DSP 版であれば、セットで使用する必要はありません。


> また可能ならインストール時にOEM版は消せますか?

何がインストールされていて、何をインストールするのかによると思います。
消せることが多い気がいますが、消せない場合もあるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる