ここから本文です

夜になると外の空気がクサイです・・・

pen********さん

2008/11/410:30:27

夜になると外の空気がクサイです・・・

寒くなるこの時期、夜になると外がニオイます。

どんなニオイかといいますと、
火事の煙のニオイです。
最近も毎晩のようにニオイがするんですが必ず夜にしかニオイません!!

電話で確認できる「地域火事情報」で毎回確認しても近所で火事は発生してません。

ニオイがする夜は外全体が霧みたくモヤってます。
火事の煙なんでしょうか???

閲覧数:
15,928
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

piy********さん

2008/11/416:47:03

工場や車の排気ガスなどでしょうね。

空気は昼間は太陽熱の影響で地面の方が暖かく、
上空のほうが冷たくなりますが、
夜間は太陽熱がなくなりますので、放射冷却などで、
熱が上空へと上っていき、地面が冷たく、上空が暖かくなります。

冷たい空気のほうが暖かい空気より重いので、
上空のほうが気温が低いと、地面の暖かい空気とよく混じり合うのですが、
夜間のように上空のほうが暖かくなると、
地面の空気と上空の空気とが混じりあわなくなります。
たとえるなら、風呂の上のほうだけ暖かく下のほうは冷たいままで、
風呂の水が上下で混じりあわないのと同じような状況になります。

こうなると、夜間は、地面付近の工場や車から出た排気ガスなどは、
上空の空気と交じり合わなくなって、地面付近に留まってしまいます。
よって、夜間も排出される工場や車の排気ガスは、
地面付近に貯まってくるようになり、夜間に煙のにおいがすることがおおく、
また、霧っぽくもやって見えることがあります。

質問した人からのコメント

2008/11/10 10:56:10

一安心 我が家は工場と高速道路が近いので納得できました!!
詳しくありがとうございます!!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

k9r********さん

2008/11/411:14:45

臭いの成分が凝縮され、鼻に届くからでしょう。
近くに田んぼがありますか。秋は稲わらをもやしている場合もあり、意外と遠くまで煙が届くものです。
最近は稲わら燃しも規制で少なくなりましたが、かくれて見られます。

現象としては以下:
秋は昼間暖かく、夕方急に冷え込みます。
昼間空気中を漂っていた水蒸気が冷えて、細かい霧状に凝縮いてきます。
この霧の水分の中に、空気中のにおい物質が溶け込み、さらに濃縮されます。空気中に臭いはなくなり、霧の中に入り込む。
濡れている方が臭いを感じやすくなります。犬のはなが濡れているのと同じように。

また、水分が重くなると地表面に降りて来るので、昼間1000メートル位までの高度に、漂っていた、車の排気ガス、煙などが、
霧に吸収され、地表面50m位を覆うようになり、臭いは益々強くなる。様々な臭いの複合体のようです。
ただ、風の強い日は少なくなりませんか。中国から飛んできていなければと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる