ここから本文です

経済系数学における極値問題での偏微分後の連立方程式の解き方(極値候補を出すため...

fyk********さん

2019/2/2703:15:07

経済系数学における極値問題での偏微分後の連立方程式の解き方(極値候補を出すために必要な)が分かりません。どなたか解説して頂けるとたすかります。連立方程式の解き方のみで大丈夫です。

極値,連立方程式,解き方,偏微分,極値候補,x²−1,解放

閲覧数:
9
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sei********さん

2019/2/2710:44:20

下の式から
y=1/2(x²−1) ・・・①
となるので、これを上の式に代入してxを求める。
求まったらそれを①に代入して
yを求める。

(別の解放)
上の式を①、下の式を②とします。
①+②×x
より、yを消去して、xを求める。
求まったら、①or②に代入して
yを求める。

質問した人からのコメント

2019/2/27 12:41:59

ありがとうございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる