ここから本文です

仕事で設置した給湯機などの設備ですが、設置した後に依頼者が亡くなり誰も払う人...

アバター

ID非公開さん

2019/3/319:42:49

仕事で設置した給湯機などの設備ですが、設置した後に依頼者が亡くなり誰も払う人がいなくなりました。
営業して仕事をとってきた社員に全額負担しろと言われたのですが、全額負担しなくてはな

らないのでしょうか?
営業した者と、設置した者は同じ人です。
依頼者は高齢だったのと、子供さんがいらっしゃらないとのこと。
親戚一同も、自分達の事ではないから払わないとの事らしいのですが。
金額が大きいので困っているようです。

閲覧数:
14
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2019/3/408:32:33

会社の決裁が降りて販売したのなら、社員個人が嘘ついて決裁を得たなどの事情がなければ払う必要はない。

給湯器を設置した家の相続人に転嫁するのも考えられますし。

少なくとも、通常の営業販売プロセス正しく踏んだのなら、
社員個人が払うことはなく、むしろそれを会社が請求するなら労働基準局に駆け込むべき。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

x_x********さん

2019/3/319:44:06

相続人に請求できます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる