ここから本文です

羽生結弦選手のファンにとって待ちに待ったオトナルとオリジンの日本上陸まであと...

アバター

ID非公開さん

2019/3/409:16:38

羽生結弦選手のファンにとって待ちに待ったオトナルとオリジンの日本上陸まであと少しですね。私はオトナルが好きなのですが、オリジンは難易度が高く、冒頭の4loと4T−3Aが鍵を握ると考えてます。パーフェクトパッケ

ージ見れますかね?

閲覧数:
733
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mis********さん

2019/3/413:52:16

音楽をその滑りで表現できているスケーティングスキルやエッジの動き、繋ぎのある演技は動きが水面に映る水摘の輪のようで美しく広がり、演技があっという間に終わります。その中にある4回転ジャンプや要素は蓮の花のように水面を彩り美しいものです。
音楽はなでる風のように、生物を躍動させ水面を奏でる。
すべてが合致した時、その演技は、風景を創造する・・。
その風景は、時に人がいたり鳥がいたりその日の感情により違ったものを創造する。

オトナルは、余すところなくその音楽、音を基準に構成されているものであって、五感でその演技を観ても違和感がなく立体的な演技であって、その表現は難しいが、完成されていると思う。

(他選手は音楽は音楽であり振り付けの域、音の拾い方のレベルと操作、緻密さが違い平面的な演技であってそこは差があると思う。)

オリジンは・・大体完成の域でジャンプはすべてプログラムで入って試合出来ているので、羽生の傾向だとそこに心配は全くないです。
一度はいれば大丈夫な選手だと思う。

オリジンは、オトナルと違い生生しい人間を表現しているかに思う。
人の感情をその気迫でぶつけ絞り切り出し切った先にオリジン、自らのルーツがあるのでは、ないかと・・
その演技を観ている子供の僕がいて・・鬼コーチをしてるんだろうな(笑)
ワールドまでのお楽しみですね。

卒業シーズンなので
子いわく
これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。

恩顧地心ならぬ温故知新・・めらめら君たのしみですね。
歴史の継承者としての演技を(笑)

  • mis********さん

    2019/3/414:41:49

    後世の世からも評価される演技を。

    ルールは流動的なものであり、演技は残るものです。

    "良いもの"というのは、後世の人からも、過去の人からも、良いものは良い。
    人の感性には普遍的なものが存在しています。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/5 20:20:36

世界選手権が益々楽しみになってきました!

「羽生結弦」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる