ここから本文です

抜髄根管治療は、なぜ抜髄したあとの数回も機械を入れると痛いの? これは私と...

kep********さん

2019/3/520:48:46

抜髄根管治療は、なぜ抜髄したあとの数回も機械を入れると痛いの?

これは私とほぼ同時に根管治療をうけている姪に効かれたのですが私もそういえば?と思ったので質問させてください。

髄した回のあと数日間痛いのは解る。神経引きちぎったみたいなものですからね。
ここからが姪の疑問。

でもそのあとの数回は、殺菌薬を取り替えながらファイルでガリガリやるけどそれも痛いって。

で神経とってるのになぜ痛いの?
詰めてるのは菌を殺す薬で神経を殺す失活剤とは書いてなかった(インターネットでここまでは調べたらしい。)

痛いのは菌がいるからなの?でも神経無いのに何で??ときかれたのですが私には答えられなくて。

確かに抜髄後の初回から2回目あたりまではけっこう痛い場合もありますよね。
あれってなんでですか?
例えば隣の歯の神経とか関係なさそうな一番奥の7番の場合でも痛いですよね。

閲覧数:
607
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

相田宜利さん

2019/3/614:59:04

抜髄する前に強い痛みがありましたか?
針みたいな器具(リーマ・ファイル)で根管治療をする時、唇にフックをかけ、それから出ている線をリーマにつなげて、ピッピッと音がするような器械(根管長測定器)をつかっていますか?

痛いのは、①神経の取り残しがあって、それにリーマが刺さる、②リーマが根の先から突き出して、根の周囲に刺さることなどが原因であると考えられます。
➀がないかを知るために、また②を防ぐために根管長測定器を使います。
根管治療を通して根管長測定器を使う歯科医と、根管長測定の為だけに使う歯科医がいます。根の先(根尖)を壊すのは良くないので、それを防ぐためにずっと使うのが望ましいとは言えます。

「抜髄後の初回から2回目あたりまではけっこう痛い場合」がありますが、それは抜髄が「神経引きちぎったみたいなもの」だからと考えられます。

「隣の歯の神経とか関係なさそうな」歯が痛いことがありますが、関連痛の一種でしょう。
関連痛の定義は「本来、問題が起きているのとは別の場所が痛むこと」です。

質問した人からのコメント

2019/3/11 01:53:28

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

mus********さん

2019/3/602:00:06

神経が取れていない場合に痛みを伴います。

初回の治療で神経が完全に取りきれていれば2回目以後のファイル時でも痛みは伴いません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる