ここから本文です

糖尿病、透析患者です。K県立病院というところで、 左足の壊死のため、左ひざ下の...

har********さん

2019/3/621:14:23

糖尿病、透析患者です。K県立病院というところで、
左足の壊死のため、左ひざ下の下肢を切断しました。

そのとき、病院内の先生方が、「膝上の血管は治療方法があるが、
ひざ下には治療方法がないので切断するしかないのであきらめるように」
との話がありました。義足つけて、何とか生活できるようになりました。
ところが次の年、反対側の足も指先から壊死になりました。
同じ病院でなく、H県のT病院に、藁にも縋る思いでゆきました。
そうすると、「その足は切断したくないですよね。」と言われ、
上肢の静脈を切り取って、下肢に動脈のバイパス管を作る手術を
してくださいました。
結果血流が断然改善され、一本の指は切断となりましたが、下肢は
切断しなくてすみました。
病院によって、県によって、技術とか考え方は異なるものだと思いました。

閲覧数:
90
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

js1********さん

2019/3/621:24:47

あなたの状態が分からないので、想像ですが
県による違いよりドクターの考え方の違いでしょうね
医者でも切るのが好きな医師と、
患者を思いできるだけ残す方法を模索する医師といますね
ただ、元の糖尿病を管理しないと、また切ることになるかもしれないので、
糖尿病を管理してください。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ski********さん

2019/3/711:35:03

血流の状態、壊死がどこまで進んでいたのかなど
いろいろな要素があるので難しいですが
基本的には治療にはガイドラインがあって妥当な選択をするようにしています。
後から説明を求められた時に、
「自分は手術が好きなので切断を選択しました」そんなの通りませんよね。
感染が内部で進んでいたとか、
骨の溶解があったとか、骨髄炎があったとか
いろいろな要素の組み合わせで治療方法は選択されますから。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる