ここから本文です

溶液100mL中に分子量100のある弱酸HAが1.0g溶解しているときのpHが2.7であった。HA...

mon********さん

2019/3/623:35:03

溶液100mL中に分子量100のある弱酸HAが1.0g溶解しているときのpHが2.7であった。HAのpKaを求めなさい。
この問題がわかりません。教えて下さい

閲覧数:
44
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ari********さん

2019/3/713:01:11

HA ⇔ H^+ + A^- の電離に因り生じる [H^+]=[A^-]=x(M) ト置く。

HA の初濃度:1.0*10/100=0.10(M)
イオン強度:μ≒(1/2)*([H^+]+[A^-])=x
活量係数:log(γH^+)=ー(0.509*√μ)/(1+3√μ)
pH=ーlog(aH^+)=ーlog{[H^+]*(γH^+)}=ーlog([H^+])ーlog(γH^+)=ーlog(x)+{(0.509*√x)/(1+3√x)}=2.7
x=μ=2.09*10^(-3)
pKa=ーlog(Ka)=ーlog{x^2/(0.10ーx)}=4.35
pKa°=pKa+(0.509*√μ)*{1/(1+3√μ)+1/(1+√μ)}=4.39

※ pKa° は 熱力学的酸解離指数 (文献値)。A^- の水和イオン系パラメータは 3Åとして概算した、デバイ・ヒュッケルの理論に基づく噺。
尚、此の問題では pH=2.7 で μ=2.09*10^(-3) ト小さい為に pKa ト pKa° の差は無視出来る程小さいが pKa° が小さいと pH も小さく イオン強度:μ が増加して差は大きく為る。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる