ここから本文です

対数アンプ(MAX4206)とPD(S2384)を接続した際の入射光と出力電圧の関係がわかる方...

アバター

ID非公開さん

2019/3/913:05:54

対数アンプ(MAX4206)とPD(S2384)を接続した際の入射光と出力電圧の関係がわかる方いませんか?

【V/W】の形にしたいのですがわかりません。
教えてくれる方はいませんか?

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

spy********さん

2019/3/1011:01:31

MAX4206
5桁のダイナミックレンジ(10nA~1mA)
1nA~1mAの全範囲で単調
調整可能な出力スケール係数
内部調整された出力スケール係数:0.25V/桁
https://www.maximintegrated.com/jp/products/analog/amplifiers/MAX42...
MAX4206のデータシート
https://www.mouser.jp/Maxim-Integrated/Semiconductors/Amplifier-ICs...

出力スケール係数が、0.25V/桁ですから、
Vout=0.25×Log(Iin)+Voffset


PDの暗電流は1nA以下だから、MAX4206の動作範囲で問題なし。
スケール係数kは、R1,R2で変更可能です。
Voffsetは、Rsetで調整しますが、PDの感度偏差があるので、基準光で感度校正が必要と思います。
PDのデータシート
https://www.hamamatsu.com/resources/pdf/ssd/s12023-02_etc_kapd1007j...

Iin=Ipd=0.5×Eph×M(A/W)

光の入射エネルギーEph(W)に比例した電流Ipd(A)が流れるということですね。

増倍率M=1
感度を上げるために大きな逆電圧(80~120V)で使うときは、温度によってPDの増倍率M(10~60)が変わるから、逆電圧も要調整です。


MAX4206の接続図のIinのところに逆方向にPDを接続

Vout=0.25×Log(0.5×Eph×M)+Voffset

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる