ここから本文です

漫画で、江戸だか明治くらいの遊女が、だたいのためほうせんかを食べたら母体まで...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1007:30:33

漫画で、江戸だか明治くらいの遊女が、だたいのためほうせんかを食べたら母体までしんじゃったはなしを読みました
調べるとほうせんかに含まれるヒストニンに子宮収縮作用があるそうですが多く

含まれるのは根で、漢方のようにぜんじるのだそうです
実を少し食べただけで母体もだめになるのは漫画だから誇張ですかね?
食用のほうせんかもうっていますがあれとかもやばいことになってしまいます。
また、妊婦以外がせっしゅしたら腹痛とか出血とか、はたまたいきやすくなるとか影響はあるんでしょうか?
あとほうせんかはアジアならではだとおもうんですけどヨーロッパではヒストニンをとるのにかわりになる植物はあったんでしょうか

閲覧数:
79
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ちはやんさん

2019/3/1620:48:45

ホウセンカとホオヅキが混じってませんか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/amp/qa/question_detail/q13259...

ホウセンカはインドや中国あたりが原産で、ヨーロッパには日本より早く伝播しています

ホオヅキには色んな種がありますが、食用にされるものはヨーロッパで古くから栽培されているもの。日本の観賞用ホオヅキは有毒です。というか、ナス科植物は多かれ少なかれ毒がありますから、ホオヅキもその例にもれずですね
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%82%A...
あと、こちらも別に和風な植物ではないです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる