ここから本文です

シーケンス制御の本を5冊は読みました。 どの本にもPLCが良いものだと書いてあ...

foo********さん

2019/3/1215:38:37

シーケンス制御の本を5冊は読みました。

どの本にもPLCが良いものだと書いてあり
ます。それでは、何故今でもリレーを使用
した有接点の回路が大多数なのでしょうか。

宜しくお願い致します。

閲覧数:
134
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

toy********さん

2019/3/1511:05:13

PLCをつかうとパソコンが無いと保守できないというのも理由のひとつだと思います。
泥水をくみ上げるポンプの盤を小雨が降って足下のぬかるんだ現場で故障原因を探さなきゃいけないとか、パソコンでやりたくないですよね。
リレーシーケンスなら盤扉の内側にある回路図とテスターで問題を見つけて「あ、このリレーか!」となったら新しいのと挿し換えれば復旧OK!だったりして。
逆に、リレーでは組めないくらい複雑で、変更も多いような設備や装置だったらPLC以外ではやりたく無いですし。

適材適所ということではないでしょうか。
本を5冊も読んだのなら、これからは実践ですね。
こういった有形無形/有言無言のノウハウを積み重ねていってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mos********さん

2019/3/1602:41:38

出来合いの制御盤を購入して使ってるという事ですか?

でしたらベテランの方々が慣れている方を選択しているだけではないでしょうか。

あるいはtoyさんのおっしゃられるような、その現場ならではのメリットがあるのかもしれませんね。

max********さん

2019/3/1221:40:36

>何故今でもリレーを使用した有接点の回路が大多数なのでしょうか。
PLCの出力にリレーを使うのは増幅の意味と、更にインターロックを取るためです。
リレーでロジック組むとか無いですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lon********さん

2019/3/1219:44:58

■一度、PLCの「定格」も見ると良いよ。

nic********さん

2019/3/1218:48:18

大多数というのはちょっと違うでしょうね。

万が一PLCが故障した時に応急対策がしにくい・・・
リレーシーケンスはこの点が良いのです、とにかく止まっては困る時には・・・
私が昨年まで修理業務していた100数箇所の灌漑用水設備では大半がリレーシーケンスです。
そのため制御盤はとにかく大きいです、3000V級のポンプだとリレーやタイマーが並んでいる様は圧巻です。
農林省の方にPLC使用について尋ねたことがあります。
答えは「貴方がやっていることが回答です、この膨大な田んぼにたとえ一日でも水が入らなかったら大変なことになります」

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bai********さん

2019/3/1217:26:44

「シーケンス制御の本を5冊は読みました。」
─ ほんとう?嘘でしょう!、見栄でしょう?
─ こんな本を5冊も見る人はよほどの方よ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる