ここから本文です

山登りについてですが、なぜ、歩行距離と山頂標高の数字が大きく変わるのですか?

アバター

ID非公開さん

2019/3/1301:40:28

山登りについてですが、なぜ、歩行距離と山頂標高の数字が大きく変わるのですか?

例えば、歩行距離10kmで、山頂標高1122mとか

閲覧数:
124
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hay********さん

2019/3/1307:40:52

幼い頃、滑り台で遊んだ事、無いんですか?
滑り台の降り口から、階段の基部迄と、降り口から滑り始めの長さが違うのは、幼児でも感覚的に解ります。
幼児はそれをおり紙で補強し、それらの体験を確固たる知識取締して身につけます。

一度、山を横から眺めては如何でしょうか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tre********さん

2019/3/1512:34:21

歩行距離は登って下りてなので2倍になります。
90度で登って下りても歩行距離は2244Mとなります。

90度で登って下りてなどありえない、一直線で上り下り、それは無理なので標高差1122Mを片道5kmで登って下りると10kmになります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tie********さん

2019/3/1316:30:32

歩行距離というものを道のりと考えた場合。

登山道って,うねうねしてるしょ。2から3メートル歩いて曲がって,また曲がって,また曲がって,の繰り返しでしょ。登山地図なんて,マクロでルートを表示していますが,実際には数メートル単位でうねうねしています。なので道のり自体は長くなります。

kas********さん

2019/3/1308:24:01

山を知らない人にありがちなのは、例えば標高2,000mの山に登りました、というと2,000mもの標高差を登ったと勘違いすることです。
標高とは言うまでもなく(平均)海面からの高さですが、何もその海面の高さから登っているわけではなく、ほとんどは山の中腹にある登山口からスタートしています。
標高2,000mの山だって、登山口が標高500mにあって、その残りの1,500mを登ることもありますし、標高1,800m地点までロープウェイで行ってそこから登る場合だってありますので、スタート地点の標高が違えば、それだけ歩く距離だって変わってきます。
同じ標高差でも急な登り一辺倒の山だったら距離自体は短くなるし、平坦な道やアップダウンが長く続けばそれだけ距離は伸びることになります。

画像はとある山に行った時のものですが、最も高い山の山頂は1,637mですが、登山口の標高は約840mです。
登山口と山頂の標高差は800mですが、山頂まではずっと登り一辺倒ではなく、平らなところもありますし、緩やかな登りのところもある上、当日は山頂まで遠回りをしながら歩いています。
若干のアップダウンだってありました。
なので、単純な標高差が、歩行距離になるわけではありません。
少なくとも日本国内の山については、山頂の標高は、歩く距離には無関係だと思ってもいいと思います。

山を知らない人にありがちなのは、例えば標高2,000mの山に登りました、というと2,000mもの標高差を登ったと勘...

mot********さん

2019/3/1307:04:51

三角関数、知らないのか?
標高1122mで歩行距離も1122mなら、90度の傾斜になるぞ。
そんなところは、スパイダーマンでなければ、登れないぞ。
学校に本当に通っていたのか?

ata********さん

2019/3/1301:58:54

それは単に長さの単位が違うからですね!
1kmは10000mですので
山頂標高1122mになりますね!!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる