ここから本文です

補助参加人は反訴はできないのに上訴はできるのはなぜですか?

アバター

ID非公開さん

2019/3/2005:00:03

補助参加人は反訴はできないのに上訴はできるのはなぜですか?

閲覧数:
33
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

akt********さん

2019/3/2622:14:17

上訴とは,原判決に不服がある場合に上級審において更に審理を求めることをいいます。補助参加人は,参加している原告又は被告が負けると不利益を被る立場にいますから(補助参加の利益があるからこそ補助参加できる),不利益を被らないために上級審での更なる審査を求める利益があるといえるのです。

一方,反訴とは同一手続内で被告が原告に対して本訴と関連する請求を行うことです。補助参加人は独立した請求権を持っていませんし(仮にそのようなものがあれば,独立当事者参加をするでしょう),被告の権利を勝手に主張することも処分権主義の観点や財産権保障の観点からも認められないでしょう。

なので,反訴はできないということになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる