ここから本文です

年商5000万未満の店での消費税について 年商5000万未満であれば、店は消費税を...

ang********さん

2019/3/1521:27:00

年商5000万未満の店での消費税について

年商5000万未満であれば、店は消費税を国に納めるのを免除されていると聞いたことがあります。

しかし、どう見ても年商5000万いっていなさそうなお店で消費税が会計に含まれていました。
もちろん、代金として消費税を含んだ金額だろうがなかろうが、それが代金として請求されていると見なせば問題ないと思います。

しかし、消費税としてレシートに明記されて請求されている場合、お店側に問題はないのでしょうか。教えてください。

閲覧数:
25
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2019/3/1615:53:33

①消費税の免税は売上1000万未満です

②免税だからと言っても 消費税は必ず取らなければいけません

③その根拠として
消費税法では 全ての国民が均等に消費税を負担すると決まっているからです

つまりそれが法律です

④この消費税の負担方は 資産の譲渡をした時と定められています
つまりは 物を買った時 各種サービスを受けた時です

⑤消費税免税は 特典ではありません

例えば個人事業主の場合には
売上から経費を引いた残りが所得
つまりはサラリーマンのお給料ですから
お給料に消費税はかかりませんよね

個人事業主など小規模企業などにとって売上1000万未満は 残る所が所得となるわけで
そのために 1000万と言う上限を設けて
消費税免税業者と決めているだけです

つまりは 免税は特典では無くて 所得だからです

質問した人からのコメント

2019/3/22 12:03:23

みなさんありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jou********さん

2019/3/1523:20:12

消費税を支払う義務は消費者にあるのは変わらないので、店は求めることはできます。
お店が支払う消費税は売上の消費税から経費などで支払った消費税を引いた金額です。説明するのは面倒なので省略しますが、そうすることで製造者や中間業者などと分担する形で、最終消費者から預かった消費税の全額が国に支払われることになるのです。
ちなみに今は1000万円未満で、免税事業者であっても「うちの店は消費税を取りません」といった表示をすることは法律で禁止されています。

kmk********さん

2019/3/1523:18:51

免税は1,000万以下です。

免税業者は消費税を請求をしてはいけないという制限はありません。
免税事業者自身も商品の仕入や経費で消費税を支払っています。

tro********さん

2019/3/1523:08:31

消費税非課税は1000万円ですよ

1000万円未満の売上しかない店舗でも、仕入れや経費には消費税がかかってます

この時の儲けが200万円だとすると、単純計算で手元に残る消費税はわずか16万円です

16万円は、所得税の対象として課税されるので、お店の税としては何も問題なしです

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる