ここから本文です

「何々の為、何々の事」というようなときに、為とか事を漢字にしないで、ひらがな...

ins********さん

2008/11/809:56:50

「何々の為、何々の事」というようなときに、為とか事を漢字にしないで、ひらがなで書くと言う決まりごとはありますか?

閲覧数:
27,911
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ka0********さん

編集あり2008/11/810:43:53

常用漢字表では、「為」に「ため」という訓を掲げていません。

また、「ため」は、「為にする議論」などの例外を除いて、
形式名詞として使われるのが一般的です。形式名詞は
ひらがなで書くのが慣習化しています。

よって、公用文や学校教育、新聞記事などでは専ら「ため」と
いうようにひらがなで書きます。

「こと」については、形式名詞の場合と普通名詞の場合とが
あります。
「こと」をはじめとする形式名詞については、最近ご回答申し上
げたものがあるので、そちら(下記URL)をご覧ください。
公的な「決まりごと」についてもそこで紹介しています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=122...

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

編集あり2008/11/810:38:20

強制力を持つ規則という意味では、ありません。
内閣訓令でも送りがななどの規則は示されていますが、ご質問の問題については示されていません。
ただ、「ようだ」などの助動詞、「こと・とき・ため」などの形式名詞は平仮名表記にするのが一般的です。
形式名詞とは修飾語がないと意味をほとんど持たないような、形式しかない名詞、のことです。
「合格するため」「寝ているとき」は「合格する」「寝ている」がないと、ほとんど意味をなしませんね。
実際に縦書きでこれらの字が漢字表記だと、読みにくく感じる人が多いのではないでしょうか。

ご質問文中の「言う」もこれとは少しちがいますが、喋っているわけではないので、「いう」という平仮名が適当ではないでしょうか。
辞書でがんがん変換すると、ワタシもついやってしまいます。笑

付記:間抜けな書き間違いをしていたので、一カ所修正しました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2008/11/810:23:06

公用文には様々な取り決めがある。下記は、その一例

<引用>

公用文における漢字使用等について (昭和56年10月1日) (事務次官等会議申合せ)

昭和56年10月1日付け内閣訓令第1号「「常用漢字表の実施について」が定められたことに伴い,今後,各行政機関が作成する公用文における漢字使用等は,下記によることとする。
なお,「公用文における当用漢字の音訓使用及び送り仮名の付け方について」(昭和48年6月18日事務次官等会議申合せ)は,廃止する。

1 漢字使用について
(1) 公用文における漢字使用は,「常用漢字表」(昭和56年内閣告示第1号)の本表及び付表(表の見方及び使い方を含む。)によるものとする。
なお,字体については通用字体を用いるものとする。
(2) 「常用漢字表」の本表に掲げる音訓によつて語を書き表すに当たつては,次の事項に留意する。
ア 次のような代名詞は,原則として,漢字で書く。
例 彼 何 僕 私 我々
イ 次のような副詞及び連体詞は,原則として,漢字で書く。
例 必ず 少し 既に 直ちに 甚だ 再び 全く 最も 専ら 余り 至つて 大いに 恐らく 必ずしも 辛うじて 極めて 殊に 更に 少なくとも 絶えず 互いに 例えば 次いで 努めて 常に 初めて 果たして 割に 概して 実に 切に 大して 特に 突然 無論 明くる 大きな 来る 去る 小さな 我が(国)
ただし,次のような副詞は,原則として仮名で書く。
例 かなり ふと やはり よほど
ウ 次の接頭語は,その接頭語が付く語を漢字で書く場合は,原則として,漢字で書き,その接頭語が付く語を仮名で書く場合は,原則として,仮名で書く。
例 御案内 御調査
ごあいさつ ごべんたつ
エ 次のような接尾語は,原則として,仮名で書く。
例 げ(惜しげもなく) ども(私ども) ぶる(偉ぶる) み(弱み) め(少なめ)
オ 次のような接続詞は,原則として,仮名で書く。
例 おつて かつ したがつて ただし ついては ところが ところで また ゆえに
ただし,次の4語は,原則として,漢字で書く。
及び 並びに 又は 若しくは
カ 助動詞及び助詞は,仮名で書く。
例 ない(現地には,行かない。) ようだ(それ以外に方法がないようだ。)
ぐらい(二十歳ぐらいの人) だけ(調査しただけである。) ほど(三日ほど経過した。)
キ 次のような語句を,( )の中に示した例のように用いるときは,原則として,仮名で書く。
例 こと(許可しないことがある。) とき(事故のときは連絡する。) ところ(現在のところ差し支えない。) もの(正しいものと認める。) とも(説明するとともに意見を聞く。) ほか(特別の場合を除くほか) ゆえ(一部の反対のゆえにはかどらない。) わけ(賛成するわけにはいかない。) とおり(次のとおりである。)
ある(その点に問題がある。) いる(ここに関係者がいる。) なる(合計すると1万円になる。) できる(だれでも利用ができる。)
・・・てあげる(図書を貸してあげる。) ・・・ていく(負担が増えていく。) ・・・ていただく(報告していただく。) ・・・ておく(通知しておく。) ・・・てください(問題点を話してください。) ・・・てくる(寒くなつてくる。) ・・・てしまう(書いてしまう。) ・・・てみる(見てみる。) ない(欠点がない。) ・・・てよい(連絡してよい。)
・・・かもしれない(間違いかもしれない。) ・・・にすぎない(調査だけにすぎない。) ・・・について(これについて考慮する。)
2 送り仮名の付け方について
(1) 公用文における送り仮名の付け方は,原則として,「送り仮名の付け方」(昭和48年内閣告示第2号)の本文の通則1から通則6までの「本則」・「例外」,通則7及び「付表の語」(1のなお書きを除く。)によるものとする。ただし,複合の語(「送り仮名の付け方」の本文の通則7を適用する語を除く。)のうち,活用のない語であつて読み間違えるおそれのない語については,内閣官房及び文化庁からの通知の定めるところにより,「送り仮名の付け方」の本文の通則6の「許容」を適用して送り仮名を省くものとする。
(2) (1)にかかわらず,必要と認める場合は,「送り仮名の付け方」の本文の通則2,通則4及び通則6((1)のただし書の適用がある場合を除く。)の「許容」並びに「付表の語」の1のなお書きを適用して差し支えない。
3 その他
(1) 1及び2は,固有名詞を対象とするものではない。
(2) 1及び2以外の事項は,「公用文作成の要領」(「公用文改善の趣旨徹底について」昭和27年内閣閣甲第16号依命通知)による。
(3) 専門用語又は特殊用語を書き表す場合など,特別な漢字使用等を必要とする場合には,1,2及び3(2)によらなくてもよい。
(4) 専門用語等で読みにくいと思われるような場合は,必要に応じて,振り仮名を用いる等,適切な配慮をするものとする。
4 運用に関する事項
1から3までの運用に関し必要な事項については,内閣官房及び文化庁から通知するものとする。
5 法令における取扱い
法令における漢字使用等については,別途,内閣法制局からの通知による。

cil********さん

2008/11/810:05:32

作文では「事」などはひらがなで書くという決まりをどこかで読んだ気がします。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる