ここから本文です

よく思うんですけど、支那はなぜ差別用語なのですか?

アバター

ID非公開さん

2019/3/1522:23:26

よく思うんですけど、支那はなぜ差別用語なのですか?

自分的には中国の方が差別用語だと思います。中国の正式名称は中華人民共和国です。
中華は自分たち(中国)が世界の中心であり周辺の者は野蛮だという意味です。
これは周りの国に対する差別だと思います。よって中国ではなく支那と呼ぶべきだと思うんですがどう思いますか?

台湾は中華民国ではなく台湾だと思います。

閲覧数:
38
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kim********さん

2019/3/1816:49:20

多分「清」の日本読みがなまって「シナ」となり、
英語のCHIN⇒Chinaになったので、元々差別的な意味はありません。

しかしやはり大戦中など差別的、侮辱的な意味で使ったので、
今は「使ってはいけない」言葉となりました。

ただ「南シナ海」とか「支那ソバ」はまあいいようです。

確かに中華人民共和国は「世界の中心」と言う国名です。
しかし「人民」も「共和国」も日本で出来た「和製漢語」です。

日本だって「万物を照らす太陽の源」と言うスゴい意味で、
君臨しているのは「天皇」、皇帝より上位にありそうな称号の方です。
皇=帝なので、「天帝」と同義語です。

>世界の中心であり周辺の者は野蛮だという意味
まあ、関西の「とある古い都」の人たちも、似たようなこと考えてるし……

どの国にも自民族中心主義の「エスノセントリズム」は大なり小なりあります。
かつてのドイツのアーリア至上主義みたいに。

いまではロスケと言うと、差別語です。
しかし「ロシアの」と言う意味のрусскийの日本式読みなので、別に差別でもなんでもないのですが。

言葉は、差別的に使えばそうなります。
二人称で「貴様」と言うのがありますが、「貴様よばわりするな」なんて…
もともとは「貴い様」なので最高敬称でした。

クマ公とかエテ公、警官に対するポリ公の「公」も、まさに大公とか公爵の「公」です。

魚屋の大将、の「大将」は、征夷大将軍の略称でした。
どんどん称号が「下落」して、罵倒語スレスレになってたりします。

言葉とは不思議なものです。

  • kim********さん

    2019/3/1910:48:20

    よく判らないのは、英語で「チャイナマン」と言うのも差別語なことです。
    チャイニーズと呼ぶのが正式です。
    やはり「侮辱的に使う」からだそうです。よく判りません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kc4********さん

2019/3/1601:06:04

支那が差別用語なのは、
排外主義者が憎悪と差別の意図で使っているからです。
どんな言葉でもヘイトの意図があれば差別用語になります。

逆に、差別の意図がなければ、支那などは普通の言葉です。
その証拠に、佐野実さん創業の「支那そばや」の商号などは、
何の問題も起こしていませんね。

あくまで、言葉を使う人のタチと意図が問題です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる