ここから本文です

ピエール瀧さんがコカインと大麻を20代の頃から服用していたとネットの記事で見て...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1601:20:11

ピエール瀧さんがコカインと大麻を20代の頃から服用していたとネットの記事で見てました。

コカインと大麻は、覚せい剤とは全く違うのでしょうか?

他に逮捕された芸能人の方だと
見た目が変わってしまったり、呂律が回らなかったり
と見るからにおかしい感じに見えますが

瀧さんは、見た目も話し方も特に違和感を感じませんでした。20代の時からと考えるとかなり中毒性はあるとは思うのですが、見た目に出ない人なのか
そもそも覚せい剤と違って、そこまで心身に影響を与えないのか。

どの程度のものなのでしょうか?

勿論薬物はやってはいけない物だと分かった上で聞きしたいです。

閲覧数:
415
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aka********さん

2019/3/1623:39:43

ヘビースモーカーで毎日1箱吸っても癌にならず、90歳で大往生した人が実在しますが、だからといって「タバコは安全だ」と、他の人々も真似したらどうなるでしょうか?確実に肺癌患者が増えますよね。

ごく稀に、特定の毒物に耐性が強い遺伝子を持つ人もいるというだけです。

法律で禁止されているのは、専門家による研究で大多数の人間にダメージが認められているからです。

彼は、もしかしたら、遺伝子的にそういう耐性があったのかもしれません。

また、ピエール瀧さんは、昔から「真面目だけどヤバい人」という評価でした。つまり、普通のサラリーマンと違って、「この人、なんかおかしいな」という言動でも、アーティストや俳優としての”個性”として誤魔化せていたことが大きいと思います。

芸能界以外で働いていたら、とっくにバレて逮捕されていたのではないかと思います。

「コカインとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nam********さん

2019/3/1608:23:51

テレビや映画、舞台などでの芸能人の姿は、ある意味では虚構です。

ヤクザ風に見えても、実際にはヤクザ風な姿を演じているだけですし、医師役を演じたとしても、医師資格を持っている訳でも、医学博士並みの知識がある訳でもありません。

優しそうな役を演じた俳優が、家ではDV男だったとか、陽気で愛想のいいタレントが、プライベートでは陰気で不愛想なんてこともよくある話。

単に演じるのが得意なだけで、中身がまともな人とは限らないのが現実です。

いままで演技で誤魔化してきたのでしょうが、やはり実際には、周囲が違和感を感じる状態だったからこそ、逮捕に至ったと考えるのが自然でしょう。

acc********さん

2019/3/1606:16:21

使用頻度にも依るのでしょうね。中で一番依存性が少ないと言われている大麻でも、自由に使用出来るようになったら、世の中には仕事も遊びも何もしない人がアッと言う間に増えるでしょうね。

gtc********さん

2019/3/1601:25:53

覚醒剤とコカインは、一回の使用量・値段・効能持続時間・依存度等、明確に違うようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる