ここから本文です

桂林 漓江下りについて 竹江(磨盤山)~龍頭山 約4時間の船下りに行きます。 ...

sfw********さん

2019/3/2512:00:04

桂林 漓江下りについて

竹江(磨盤山)~龍頭山 約4時間の船下りに行きます。
日本からのツアーで参加です。

外国人用の船になるかと思いますが
乗るうえでの注意点、過ごし方など教えてください!
例:席は自由席なのか、どのあたりに座るといいか、食事のこと、トイレのこと、デッキに出るタイミングなど,何でもいいので教えていただけたら嬉しいです!

よろしくお願いいたします!

閲覧数:
38
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jet********さん

2019/3/2514:20:54

少し前の2015年7月、クラブツーリズム添乗員同乗ツアーで行きました。
コースは、①外国人専用の竹江埠頭から、陽朔(阳朔)まで。
②船内は自由席で、2F甲板展望デッキへの立ち入りは自由。
当日は③曇天というか煙雨というかそんな日で、“山水画”の世界を4.5時間体験しました。

船内ですが④絶景ポイントに近づくと、大抵は甲板に出て、船内の客はまばら。
なので⑤自分らは右舷に席を取りましたが、どちらかは余り関係ないと。
ただ⑥レインコートなしで、雨の強い日に乗られる事も。⑦その場合なら、途中の<コウモリ山〔蝙蝠山〕(右舷)、冠岩(左舷)、童子拝観音(右舷)、九馬画山(左舷)etc.>で、特に窓越しにでも目視したい風景を選ばれ、座席を決められたらと思います。
・・・そこで探したところ、https://www.club-t.com/special/abroad/guilin/spot.htm に簡略なイラストマップがありました。
なお席ですが、⑧甲板への出入り口近くが便利かと思います。

ところでご存じかもしれませんが、⑨乗船埠頭の“磨盤山”埠頭は、外国人専用ではないはずですね。中国の方は陽気ですから、それも楽しいかも。
⑩過ごし方ですが、デッキに出るなら時期的に“100均のレインコート”必携かと。
⑪昼食ですが、自分らは、向かい合わせ6人掛けのテーブルに、料理が運ばれてくる方式。
⑫なお事前に服務員が追加オーダーを取りに来ましたが、値段の割に今一でした。
⑬下船する町は“陽朔西街”という通りが駐車場まで延びています。ここは欧米人旅行者をかなり見かけ、次回はここで宿泊したいと妻と言っていましたが、少数民族の民芸品店があったり、北京や上海・広州なんかでは売っていない品物も多々。またよくある、30分で判子を彫る店もあり、面白いところです。
⑭なお駐車場脇の店で、まさかのドリアン売ってました。独学の中国語で「半分欲しい」と言ったんですが、「カット売りはしない」と断られました。もしドリアン好きでらっしゃるなら、事前に同好の士を探されるのも手かなと思います。

質問した人からのコメント

2019/3/27 23:31:18

とても詳しく、ありがとうございました(*´∀`*)ノ。+゚ *。
漓江下りは3/22だったので後から回答を拝見したのですが、まさにその通りでした!
雨上がりの曇った天気で、水は濁ってましたが、景色はまさに山水画の世界!想像以上に良かったです!
確かに乗り場は中国人だらけでした。
前日の大雨で水量が多く本来4時間で下るところ、3時間ちょっとでした。
日本では見ることのできない景色を堪能しました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる