ここから本文です

学芸員と司書の資格どちらを取るか悩んでいます。

アバター

ID非公開さん

2019/3/1912:52:48

学芸員と司書の資格どちらを取るか悩んでいます。

大学の規定でどちらかひとつしか取れません。

歴史学科に在籍しているため周りからは学芸員を奨められますが、元々興味があるのは司書資格の方でした。それに司書の方が非正規ではありますが求人が出ているため万が一の時役立つのなら司書なのかと考えています。

第三者の方から学芸員と司書資格どちらを取るべきか助言を頂きたく質問させていただきます。

閲覧数:
346
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hat********さん

2019/3/1912:59:17

歴史学科を卒業し学芸員免許を持っています

はっきり言って博物館で働かないなら何の役にもたちません

欲しい資格の勉強をした方がいいですよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「司書資格」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lin********さん

2019/3/2104:04:44

普通、歴史学科に在籍していれば、自然と学芸員資格の方に興味がいくと思うので、あなたは珍しい人です。
でも、自分の好きにするのが1番でしょう。

司書を選択したいということは、非常勤を含め、学芸員になる気がないということですからね。

正直、司書の資格も、常に日進月歩で技術や内容が変化していく図書館業界で、1度とったからって、どうってことない内容しか学べませんがね。
非正規の求人は、基本、キャリアパワーや丸善などに派遣社員として登録し、各図書館に派遣されることになります。
お金に困っていない主婦や自宅暮らしの若い女性が多いですが、そうしたアルバイトみたいな司書の仕事は人気があり、求人数以上に応募数が多く、派遣社員でもなれない方もそれなりにいます。

また、学芸員は、東大からなる人は、まずいないですね。特に歴史で近年では見たことがありません。
9割が非正規で、残る僅かな正規職は、高校教員などで採用された人が県に学芸員として採用されるケースがほとんどです。
学芸員として正規募集が出た場合でも、研究者志向の強い人は嫌煙される場合もあるので要注意です。
今は、図書館以上に、学芸員業界の方が指定管理者制度が進み、かつての正規職が、民間企業の契約社員という身分に変わりつつあります。
さらに、学閥が強い業界です。
新興の学閥としては、奈良大学があります。神奈川大学の歴史民俗資料研究科からも、続々と正規職を出していますね。
大学受験的な感覚で難易度の高い所では、教育委員会との繋がりの強い広島大学が一定数のシェアを占めていることは、その業界にいれば自然と分かります。
首都圏と関西では私大が強く、首都圏では中央大学、明治大学、國學院大学。
関西では立命館大学、奈良大学でしょうね。正規学芸員という募集枠の場合はOBの活躍が重要です。今はどこも即戦力、つまり経験値を問われます。在学中から非常勤学芸員やアルバイトなどが出来るのは、完全にツテです。公募に出ません。

ただ、いずれ学芸員職は実質なくなるかも知れません。
普通、研究的知識は、今では大学の先生などに菓子折り1つで監修をお願いします。学芸員はアミューズメントパークの運営要員みたいなもので、結構きつい仕事です。

https://honne.biz/job/g1220/
上記サイトに記されていることが真実です。なぜか知ったかぶりの勘違いしたコメントが知恵袋では多いので気をつけて。司書の非正規も給料低くて仕事きついです。
もし普通にまっとうに生きたければ、どちらの資格もいりません。司書や学芸員の非正規に就く必要はないでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tsk********さん

2019/3/1923:04:50

資格取得の難易度というか、取得のめんどくささで言えば学芸員です。
司書は10数万円払って、通信制を使って年に10数本レポートかくか、夏休み使って講習受けるだけで取れます。

ただ資格に意味があるかないかの問題になると
学芸員は、研究職なので旧帝国大クラスの院卒が事実上必須で、大学教授候補並みの研究能力が就職の際に求められます。
博物館で見回りや事務やチケットの半券切りや利用者案内をやってるのはほぼ全員バイトか派遣のフリーターです。

司書は、近年民間委託の非正規雇用が増え、時給や月給に少しだけ資格手当がつくので、学芸員に比べれば役に立つ可能性は高いです。
学芸員だと、ただの派遣やバイトの素人扱いの末端の業務でも、司書なら無資格に比べて少し給与が上がったりします。扱いは同じ派遣やバイトですが。
司書で、世間一般並みの自治体の正規雇用につこうと思えば、倍率数十倍の採用試験を突破する必要があります。

きちんと調べてはいませんが、学芸員も司書の資格も取れて、共に正規雇用で就職できる可能性のある研究実績や優秀な学生を抱える贅沢な環境の大学は、
私が知っている限りは、国立大では東京大学、京都大学、九州大学、優秀な学生と限定すれば筑波大学でギリギリ、と言ったレベルからです。

まあ、どっちにしろ縁がない人がほとんどですし、ないならマシ感覚で興味本位の学生集めて予算とってるだけの大学の飾り事業です。

ban********さん

2019/3/1922:53:13

大学の歴史学科にいれば学芸員の採用状況などは耳に入ってくると思うのですが

資格があるだけで就職出来るようなものではありません

一つの例ですが、博物館等が考古学関係の学芸員を募集する場合
・最低でも大学院修士もしくは博士課程にて考古学を専攻していること
・これまでに学術論文を一定数発表していること
・そのうち何本かが学術誌に掲載されていること
・発掘調査に関わっていること、またそのまとめ等を論文として発表していること

等の応募条件がつきます。

仮に文学部日本史専攻であっても、中世荘園の研究をしている場合応募資格がありません。
要は学芸員は研究者です。この例では考古学の研究者でなければ応募資格がありませんし、他の募集の例でも以上のような細かい条件がつきます

以上資格だけでは役に立たない学芸員の場合です

・・・・・・・・・・・・・・・・

次に司書ですが、これも正規採用は少なくて本当に正規で仕事をしたいのなら国立大卒業レベルの学力と全国募集があればどこへでも行く覚悟が必要でです。たぶん正規採用は日本中すべての自治体を合わせても年間100人程度です。

これは公立図書館の運営を自治体が民間に丸投げしてしまったせいです。結果として正規の司書を採用する都道府県・政令指定都市はごくわずかです

私が住む神奈川県の例です
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/s3u/saiyou/result_past.html

だいたい毎年2名程度・・退職者補充となります。倍率は15-30倍くらいですね

何かの時の保険に等というレベルなら取得する意味がありません

プロフィール画像

カテゴリマスター

lib********さん

2019/3/1920:41:30

自分なら、学芸員です。
そして、大学3年の時に他大学の司書講習を申し込んで、司書資格はそちらで取ります。お金はかかりますが、卒業時には両方の資格を手にできます。

ajy********さん

2019/3/1913:51:20

史学科卒業で学芸員資格持っています。同級生でも大学で考古学を専攻していた人は埋蔵文化財センターや県や市の教育委員会の文化財課に勤めており、資格も役に立っていますが、私は持っているだけですね。

司書(司書教諭)も同時に取れる大学でしたが、生活費のためにバイトをする必要があり、教員免許(3種類)と同時に取るには時間が取れず体力も持たず・・・。
どちらかというと司書の方が、仮に臨時職でも役にたつかもしれないですね。あくまでどちらかというとであり、ないよりあった方がましな程度です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる