ここから本文です

岡山の路面電車の分岐操作って運転士がやってるの?

ydn********さん

2019/3/1918:24:02

岡山の路面電車の分岐操作って運転士がやってるの?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
70
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wil********さん

編集あり2019/3/1918:56:44

路面電車の場合は原則としてトローリーコンダクター(トロコン)と呼ばれる装置を使います。これは架線についており、例えばある停留所に接近したときに流れる接近放送とかは、2つ前の停留所に設置したトロコンを電車のパンタグラフがスイッチを叩くことで接近放送が流れるようにしています。

分岐に関してはいくつかルールがあります。これは事業者によって分かれるのですが、多いのはトロコンを転轍機の近くに2つ置いています。私が勤務していた熊本市電を例に取ると辛島町停留所の先にはA系統の熊本駅方面とB系統の上熊本駅方面に分岐しているところがあります。普段の転轍機はA系統に向かうように設定されています(定位)が、B系統の電車はA系統より手前で止まらないといけません。その際A系統だとトロコンを2つ叩くのですが、B系統では1つしか叩きません。この場合1つ目のトロコンを叩いてから10秒以内に2つ目のトロコンを叩かなかった場合、転轍機はB系統に行く電車と認識して軌道進行の信号掲示が出る前にB系統へ進むようにします(反位)。その上で軌道進行の信号が出たらポイントが密着しているのを確認して上熊本駅方面に進みます。なお間違えた場合は運行指令に連絡する形を取ります。

このため転轍機の操作は運転士は何も行いません。なお車庫への入出庫などに関しては運行担当の職員が手動で操作するかたちになります。また渡り線などの場合、その転轍機は発条転轍機であることが多く、これも転轍機自体の機能で反対側の線路に行けるため、運転士が操作することは全くありません。ただし転轍機の操作については必ず教えられます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

qzp********さん

2019/3/2023:46:18

長崎市電の例ですが、岡山市電も同じ操作です。
https://www.youtube.com/watch?v=XJz7DZePST4

bor********さん

2019/3/1918:34:57

殆どがスプリングポイントだと思うけど 清輝橋線と東山線の分岐は違うかな…多分。

ste********さん

リクエストマッチ

2019/3/1918:26:08

路面電車で、運転士が分岐操作をすることはありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる