ここから本文です

村田兆治と落合博満はロッテで一緒だったと思うのですが、その当時のロッテは弱か...

ラブリードラゴンさん

2019/3/2001:17:34

村田兆治と落合博満はロッテで一緒だったと思うのですが、その当時のロッテは弱かったのですか?

閲覧数:
98
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zer********さん

2019/3/2002:21:37

村田兆治と落合博満がロッテで一緒だった期間は1979年から1986年まで。
当時のチームは弱くもないが強くもない。
79年 前期4位 後期3位
80年 前期1位 後期3位(PO敗退)
81年 前期1位 後期3位(PO敗退)
82年 前期6位 後期4位
83年 6位
84年 2位
85年 2位
86年 4位

とにかく浮き沈みが激しい。

質問した人からのコメント

2019/3/26 21:47:03

ありがとうございます。ベストアンサーです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ino********さん

2019/3/2613:00:17

川崎ロッテは、「野球を一人でやってる」選手ばかりでしたから、勝てるはずがありませんでした。

フロントがまともなら"常勝ロッテ"と言われるくらいになってましたよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2019/3/2011:44:04

山内監督時代と稲尾監督時代はそれなりに強いチームだったと思います。

そうまさん

2019/3/2001:48:21

一緒でしたね。またお互いが認め合う仲でもありました。

子供のころ、よく川崎球場に行っていたのですが、この2人は断トツでサインをもらうのが大変でした笑

打線はなかなかでしたよ。落合が4番にいて、3番にはリーがいました。また5番には山本功。

このリー、落合の3,4番コンビの破壊力はかなりありました。

半面、投手はいまいちでした。まともな投手が村田兆、仁科、水谷くらいか。

その大黒柱村田兆は、落合が三冠王を獲りまくっていた時、肘の怪我でリタイア中。今でいう、いわゆるトミー・ジョン手術というのをやっていました。

もしこの落合が打ちまくっていた時に、村田兆が万全の状態であったなら・・・パ・リーグで一度くらいは優勝していたかもしれません。

まぁ運がなかったですね。

村田兆が手術から復帰し、良くなった時には、落合は中日にいましたし。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる