ここから本文です

作法に厳格な古典的宗教を信じる子が捨てられて、養護施設に拾われたとして。 そ...

dor********さん

2019/3/2719:00:04

作法に厳格な古典的宗教を信じる子が捨てられて、養護施設に拾われたとして。
その養護施設が作法に反する食事とかを強要したら、虐待という名目の不適切な対応として、その施設が処罰されうるのでしょうか?

子にとっては、虐待にも等しい扱いだと思うのですが。

閲覧数:
30
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2019/3/2722:48:00

まず、『捨てられて』とか『施設に拾われた』という表現に激しく違和感を覚えます。人間の児童であって、犬の仔や猫の仔ではありません。
あと、養護施設は現在、『児童養護施設』という名称になっていますことを追記します。

* * * * * * *

さて、本題です。
こうしたケースの場合、児童相談所のほうで何らかの配慮がなされるものと思われます。
保護者のもとで養育できない子どもが、児童養護施設等へ入所する際には、必ず児童相談所が関わります。児童相談所が施設に『措置する』ことで、子どもは施設に入所することになります。
措置する施設が決まるまでの間、子どもたちは児童相談所内の一時保護所に暮らします。

児童養護施設には長い歴史を持つ施設もあって、経営母体もさまざまです。
たとえばお寺やキリスト教会等、宗教法人が私財をなげうって設立した施設などは、児童の生活の中にごく自然に、礼拝やミサ、あるいはクリスマス等の年中行事が組み込まれていることがあります。

児童相談所にもし敬虔なクリスチャンの家庭の児童が保護されたとして。
そうした児童は、まず仏教系の施設へは措置されることはないと思われます。
逆の場合も、同じ。
あるいは宗教とは無縁の施設、たとえば公立の施設へ措置されるのではないでしょうか。

施設のほうでも、たとえばイスラム教徒だったとして、毎日5回のメッカ方向への祈りを捧げるとか、食事に豚肉は出さない等の禁忌は、日常生活や集団生活に支障のない範囲で考慮してくれるのではないかと思います。
現に、宗教上の理由ではなく、さまざまなアレルギーを抱える児童のために、どこの施設の調理場面でも、アレルギー除去食は用意されるご時世です。

* * * * * * *

ちと脱線しますが、過去に聞いた話。
とある国際空港を管内に持つ児童相談所の一時保護所では、保護される児童も国籍や文化的背景が多種多様のため、宗教上の食時の禁忌に細かく対応しなければならないんだそうです。
イスラム教徒に豚肉は出せず、ヒンドゥー教徒に牛肉はご法度。アルコールを禁じる宗教には調味酒も使えない…。大変ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる