ここから本文です

写真は金持ちの道楽だそうです。金のかかる被写体を教えてください。野鳥、天体、...

アバター

ID非公開さん

2019/3/2314:14:08

写真は金持ちの道楽だそうです。金のかかる被写体を教えてください。野鳥、天体、あとは何でしょう。

閲覧数:
146
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ben********さん

2019/3/2523:29:30

自分の嫁と子供。

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/26 23:42:38

なるほど!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ele********さん

2019/3/2322:11:51

凝ったらどれもたいていかかりますが、そこまで凝らなければ天体だって5万円で撮れます。
自然を相手にしようとすれば、撮れる場所まで行くのに金と時間がかかります。
往復25万円の被写体

凝ったらどれもたいていかかりますが、そこまで凝らなければ天体だって5万円で撮れます。...

pho********さん

編集あり2019/3/2411:58:14

どの分野でも凝れば限がありません。

私の撮影ジャンルでお金が掛かるのは船舶撮影ですね。
どんなカメラもレンズもタイミングが悪いと水没で一瞬でゴミに変わります。

私は仕事ですから自分持ちは撮影道具代だけですが、これを個人で撮影しようとすれば12m程度のクルーザーを買えば7000万円くらいしますしね。

儲かっていた頃は頑張って600万円くらいの中古の小さなモーターボートを買って自艇から撮影をしていましたが(長期の撮影になると自艇のキャビンで落ち着いて寝たかったのが主な理由)、やはり小さなボートでは撮影が大変なのと年間維持費は小型でも150万円くらいかかるので止めました。

どの分野でも凝れば限がありません。

私の撮影ジャンルでお金が掛かるのは船舶撮影ですね。...

lyn********さん

2019/3/2320:47:16

そりゃ天体写真

m3g*******さんなんか、8ケタに届いてるんじゃないかな?

pit********さん

2019/3/2315:08:57

写真に金がかかる・・・ってのはある意味本当だけど、ある意味嘘と言ってもいいかもしれません。
機材もかつて高かったとはいえ、フルサイズと呼ばれるデジタルカメラでも中古なら数万円で手に入りますし、マニュアルフォーカスの古いレンズをつけてても撮影は可能です。

それだけ世の中に機材が出回っている上に、フィルムの様な消耗品も必要ありません。
かつて暗室という写真に特化したスペースや仕組みが必要でしたが、今やパソコンという汎用品の中で、ソフトというツールさえ用意できれば暗室の代わりが可能です。
そのソフトも、高価なものもあるけど、無料配布で手に入るものすら存在します。

もちろんパソコンは持ってないし、それについて考える余裕も無い・・・って人には向かないだろうけど、それはどんな趣味でも同じです。
明日のご飯に有り付けないほどの困窮者には無理だけど、心の余裕がある人で、自分が求める形を明確にできる人なら、昔よりお金はかからない様に思います。

あと
>金のかかる被写体を教えてください。
これは簡単ですね。
動かす人間ですよ。
それも自分と関係の無い人を動かす必要があるときに「金」は必要になります。
そうでなければ、被写体は無尽蔵に無料で存在します。
職業としてやるなら、お金を貰うことに逆転しますしね。

お金、ってことだけ言えば、
茶道や日舞なんかの方がウンとかかりそうな気がしますけど・・・

プロフィール画像

カテゴリマスター

sya********さん

2019/3/2314:54:14

被写体にお金が掛かるという意味ではなく装備にお金が必要だという事ですよ。
高いレンズは百万円単位ですからね。
贅沢を言ったら際限がないくらいに高額に出費が必要になってしまうのが写真趣味です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる