ここから本文です

経済学って、過去に起きた事を検証する考古学のような学問であって、未来予測をす...

ler********さん

2019/3/2622:06:47

経済学って、過去に起きた事を検証する考古学のような学問であって、未来予測をするものではないと思うのですが、合っているでしょうか?

実際20年以上も前の事ですが、ノーベル経済学賞を取った2人がいたヘッジ・ファンドは大クラッシュして潰れましたよね。

閲覧数:
88
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2019/3/2623:16:30

間違っています。

経済学はミクロな現象については高い予測力を持ち、北米のトップスクールで計量経済学を専攻した大学院生は民間企業の間で争奪戦になります。
もちろん、大学のポストを持っているミクロ計量経済学者たちに対してもGAFAを始めとする巨大企業から破格のオファーが来るため、それに対抗するために今世紀に入ってから米欧の経済学部教員の給料は他学部の倍以上に跳ね上がっているそうです(そのため日本国内の大学に海外の優秀な日本人経済学者を引っ張ってこれなくなったという愚痴をよく聞きます)。

とはいえ、経済学は「景気」や「恐慌」のようなマクロな現象を予測する能力はまだありません。
しかし、それは物理学を始めとする自然科学にしても事情は同じでしょう。
むしろ、人為的な経済現象よりも遥かに単純な自然現象を予測することが出来ない人類(科学文明)が、それよりも遥かに複雑な経済現象を予測できると考える方が不思議ではありませんか。
とりあえず、「地球物理学」の研究者が大地震を予測できるようになってから(あるいは「気象物理学」の専門家が半年後の天気を予測できるようになってから)「経済学は景気を予測できないのはなぜ?」という質問を投稿してください。

(ショールズらが「経済学者」ではない、という話は別にしても)ノーベル賞受賞者の研究が間違っていることが後になって発覚したり、ノーベル賞受賞者が学術的に間違った言動をとることは経済学に限ったことではありません。
例えば「癌の原因は寄生虫である」という学説でノーベル医学生理学賞を受賞したフィビゲルは後に自分の研究が誤っていたことを認めていますし、1907年にノーベル物理学賞を受賞したマイケルソンが唱えた「エーテル説」も現在ではオカルト扱いされています。

  • 質問者

    ler********さん

    2019/3/2709:38:11

    >とはいえ、経済学は「景気」や「恐慌」のようなマクロな現象を予測する能力はまだありません。

    つまり未来予測は出来ないという事ですね。

    それなら、マスコミから今後の景気の見通しは?なんて質問されたら、それは自分の専門外だから分からない、とハッキリ言うべきでしょうね。でも分かったフリする人って多いです。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2019/4/121:47:59

下の回答者が挙げているスミスやマルクスは「経済学」という学問が生まれる前の人間です。

アリストテレスは人類史上初めて『物理学』という本を書きましたが、彼は「物理学」という学問が生まれる先年以上昔の人物です。

したがって、物理学の話をしているのにアリストテレスの本を読めなどという頓珍漢は存在しないでしょう。

しかし、fbb***のように経済学の話をしている時にスミスマルクスの話をし始める頓珍漢がいることに驚きを隠せませんね。

本題ですが、経済学は未来を予測することが可能です。
ただし、予測できるのは物理学と同様にミクロな現象のみです。

もちろん、経済学はマクロな現象を予測することは不可能です。
この点についても物理学と同じです。
物理学も将来の地震や天気は予測できませんからね。

しかし、物理学や経済学は考古学とは異なります。
考古学はマクロな現象について検証することはありませんからね。

ノーベル賞受賞者がいるヘッジファンドの失敗については「だから何?」という感想ですね。
別に彼らはヘッジファンドで儲けるための研究をしてノーベル賞を受賞した訳ではありませんからね。

ちなみにノーベル物理学賞やノーベル医学生理学賞は受賞後に「受賞理由となった研究」が誤っていることが明らかになった事例があります。
自然科学とはそういうものです。

fbb********さん

編集あり2019/4/101:48:17

私は今自分の考えしか言えない。失礼します。
源流たる経済学のスミスマルクスをそのまま原著国富論資本論を日本語訳や漫画版を読みあらましを踏まえてからでも遅くはない。この二つの本はたとえで言うと国づくりの戦略書です。私も全部知るわけではない。ただ数学と先の予測と現実を混ぜる傾向が近年では経済学の基本になりすぎた。あとは他の方々にお聞きして下さい。この二冊の本もあくまで当時である以上古い点も今多いですからそれを考えてです。長々失礼しました。

ttt********さん

2019/3/2801:02:57

全く同じ現象は稀ですが
歴史は似たような現象が繰り返されることがあります
経済学は過去の現象を数値化して
似たようなケースでどのようにすべきなのかを判断できます
正しく進められてはいませんが

kin********さん

2019/3/2713:07:16

検証する考古学

そして、未来を❗

地震予測も。
何でそうなったか?

断層 と、気づき 更に❗

地質学と共有し。

学位ありませんが 株式市場。
全体の動き程度の予想 先々を示すものに気がつき。

もし貴方が 気がついたら 何処か判らないところにいた。

どうします。

kif********さん

2019/3/2711:08:42

未来を予測する能力があるなら、
経済学者はみな大富豪になっている。

理論と実践はまったく違うことを本人も理解しているから、
実践しようとしない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる