ここから本文です

ネットワークアナライザって簡単に言えば何ができる機械なのですか? グーグルで...

aut********さん

2019/3/2715:57:21

ネットワークアナライザって簡単に言えば何ができる機械なのですか?
グーグルで検索しても電子工学系の話で難しすぎてわかりません。

閲覧数:
71
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gus********さん

2019/3/2716:26:18

電磁波の入口と出口とがある、測定対象があるとします。

入口に電磁波を入れた場合に、中に入らずに反射して戻ってくる電磁波=反射波と、通過して出口から出てくる電磁波=透過波とがあります。
同様に、出口から電磁波を入れた場合にも、反射波と透過波とがあります。
2方向×2種類で合計4パターンあります。

ネットワークアナライザーは、この4パターンの測定を自動的に測定する装置です。周波数を自動的に切り替えて、1MHzから1GHzまで測ってくれたりします。

ネットワークアナライザーの肝は「ある方向から入れた電磁波の、反射波と透過波とを分離して同時に測定できる」というところにあります。

反射波だけを測定するのはインピーダンスアナライザー。
透過波だけを測定するなら、スペクトラムアナライザーと信号源とを併用することで、それぞれ代用することができます。

入口と出口とを切り替えずに、反射波と透過波とを同時に測定できる、というのがネットワークアナライザーなのです。

質問した人からのコメント

2019/3/28 14:50:29

皆様、本当にありがとうございました。
わかりやすく説明していただいてかなり助かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jan********さん

2019/3/2721:44:04

反射係数から、回路の4端子定数を求める機械です。

cra********さん

2019/3/2719:20:32

あんた、理科がさっぱりの小学生にテスターって簡単に言えば何ができる機械なのですかって聞かれてうまく説明できるか?電子工学さっぱりにネットアナを説明するのはそれ以上に難易度が高い。Sパラとか言ってもわからんだろ。

ある部品に電気の波を突っ込んだ時に出てきた波がどうなるか、反射して帰ってきた波はどうなるか、はたまた反対側から同じことをしたらどうなるか、入れた波に対する大きさやズレを調べることでその部品の素性を把握するもの。
入れる波は大きさや周波数(波のゆらぎの)をある範囲で自由に変えることが出来る。
無線機器を扱う分野では必須の測定器。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

min********さん

2019/3/2717:56:03

Sパラメータという、回路パラメータを測定する装置です。Sパラメータは、ここを参照してください。
https://www.wti.jp/contents/blog/blog180327.htm
(1)トランジスタの高周波特性(ft, fmax等)を抽出でき、高周波等価回路を決定でsきます。ft、fmaxについては、webで、調べてください。
(2)L,C,Rの等価回路のもととなるデータが抽出でき、高周波等価回路を合わせこむことができます。

mar********さん

2019/3/2716:31:00

簡単に言えば、インピーダンスとかの周波数特性を調べるための装置です。

tpt********さん

2019/3/2716:23:39

うんと簡単に言えばあらゆる電子部品の性能を調べる機械です。

高価な測定器です。
昔は数百万円していましたが、今は百万円台で購入できます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる