ここから本文です

三種の神器は飾るだけであり、身につけたり、実用したりする儀式はないのでしょう...

tad********さん

2019/3/2811:17:14

三種の神器は飾るだけであり、身につけたり、実用したりする儀式はないのでしょうか?

閲覧数:
75
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2019/3/2815:51:05

剣、鏡、玉の三種ですが、その中の鏡は古事記の時代から、天皇の住まいを離れ、伊勢神宮に祀られています。

鏡が宮中を離れ、伊勢に移ったとき、天皇は「この鏡をみるとき、わたしだと思って敬え」というような内容の言葉が古事記にあります。

鏡を見るなではなく、見て敬えと言ってるよう書かれていたと思います。

それからの鏡は神宮を離れていない。そして歴代の天皇も明治まではほとんど神宮を訪れていない。
このことから天皇と鏡は接点すらほとんどなく、実用や儀式に使ったりすることもなかった。

剣は現在、熱田神宮に祀られています。

古代から宮中を離れたり戻ったりしていますが、天皇が見ようとして白い煙が出たといった記述が日本書紀にあったり、盗難にあったものが勝手に戻ってきたという逸話も記録されています。江戸時代には熱田神宮の神主が盗み見て罰せられた記録も。

簡単に人目に触れられるような存在ではなかったようです。

しかし明治天皇は維新後の明治になってすぐに、天皇の正統性を示す必要があったのか、鏡のある伊勢神宮と、剣のある熱田神宮に出向かれています。


この時に伊勢神宮の鏡は直接目にされています。たぶん剣もそうしたのじゃないかと思います。

でも、天皇がお住まいの皇居にこの二つはないので、身につけることも、儀式での使用もできません。天皇の御代替わりの儀式でも、東京で(レプリカ)を使います。

神社が消失したりして、鏡も復元や代わりのものに入れ替わったと色々説はありますが、宮中や皇居に運ばれたりはしていません。

玉は皇居にあるらしいので、どうしてるんでしょうね。

質問した人からのコメント

2019/3/29 07:45:30

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yjh********さん

2019/3/2900:32:43

古代のものはすぐ焼けたり壊れたりして原型をとどめません。とっくに、本物ではないのです。

ofn********さん

2019/3/2812:16:08

昔はこれを使って討伐したりしてたのにね。

作った人は見ているはずなのにね。

不思議。

プロフィール画像

カテゴリマスター

lie********さん

2019/3/2812:09:22

とんでもない。バチがあたります。「飾る」どころか、天皇でさえ見ることもできません。箱に納められ厳重に封がしてあります。

狂帝として知られる陽成天皇(869~949)が、狂気の発作のときこれを無理矢理に開けて見て大変なことになったと『古事談』巻一の四に伝えています。

陽成院、邪気に依りて普通ならず御巫す時、璽の筥開けしめ給ひたりければ、筥の中より、白雲の起こりければ、天皇恐懼せしめ給ひて、打ち棄てしめ給ひて、木氏の内侍を召して、からげさせられけり。(注略)
又た宝剣を脱かしめ給ふの時、夜の御殿の傍の塗籠の中、ひらひらとひらめきひかりけれぱ、恐れ御して、はたと打棄てて御したりけれぱ、はたとなりて自らさされたりけり。其の後更に脱かれざるなり、と云々。

これ以外の概要についてはwikiを参照してください。(「独自研究」あり)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%A8%AE%E3%81%AE%E7%A5%9E%...

mak********さん

2019/3/2811:23:28

無いと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる