ここから本文です

萩原健一さんが消化管間質腫瘍(GIST)で亡くなったとのことですが、スキルス胃癌...

tak********さん

2019/3/2907:10:22

萩原健一さんが消化管間質腫瘍(GIST)で亡くなったとのことですが、スキルス胃癌とGISTとは種類の異なる癌なのでしょうか。胃がん大腸がん。

閲覧数:
1,017
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ムラコ61さん

2019/3/2907:31:29

親戚が昨年亡くなった病院の主治医の話を素人判断で纏めると、間質性消化器癌は消化器の外側から増殖し転移する癌。スキルス等は消化器の内側に発生して増殖する癌。だなと思いました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「萩原健一」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

pwd********さん

2019/3/2907:45:31

まったく違う。
sak***氏のが正確な表現だが、
胃(粘膜)の表面にできて、胃の壁(胃壁)に浸潤していくのが、スキルス、
胃壁の中にできるのがGIST

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/3/2907:33:46

GIST(ジスト)は、消化管間質腫瘍を示す英語Gastrointestinal Stromal Tumorの略称です。GISTは、胃や小腸(大腸、食道はまれ)など、消化管の壁にできる転移、再発を起こす悪性腫瘍の一種(肉腫)で、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示します。

GISTは、粘膜の下に腫瘤(しゅりゅう:こぶ、かたまり)状の病変を形成する粘膜下腫瘍の1つです。消化管壁の筋肉の間にある神経叢(しんけいそう)に局在する「カハールの介在細胞(Interstitial Cells of Cajal)」に分化する細胞から発生します。「カハールの介在細胞」自体は、広く消化管に分布し、消化管運動のリズムをつくったり、調節したりする大切な細胞です。

と発表されていますが本当はどうかはわかりませんね。ヘビースモーカーだったから
肺ガンの方を疑いますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

sak********さん

2019/3/2907:22:08

胃や小腸など、消化管の壁にできるのが消化管間質腫瘍。
胃がんや大腸がんは粘膜から発生するので性質が異なります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる