ここから本文です

山本周五郎の短編『雪しまく峠』(日本婦道記)にある下記の読み方を教えてください...

アバター

ID非公開さん

2019/3/3122:40:38

山本周五郎の短編『雪しまく峠』(日本婦道記)にある下記の読み方を教えてください。
もし意味もわかりましたら、お願いします。


花びら雪のふる時は、蝶は三になれ、蝶の親は三十三になれ

自分なりに調べた限りでは、三十三は「やなぎ」と読むとわかったのですが、三の読み方がわかりません。
例えば「さん」と読むとしても、意味がわかりません。

どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
17
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/1 07:39:51

ありがとうございます!
大変助かりました。

わらべうただったんですね。
ここまではとても辿り着けませんでした。
ありがとうございました(*^▽^*)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる