ここから本文です

宝塚歌劇団の男役・娘役について質問させていただきます。私がファンの涼風真世は...

giy********さん

2019/4/610:38:33

宝塚歌劇団の男役・娘役について質問させていただきます。私がファンの涼風真世は宝塚歌劇団では男役でした。しかし彼女の顔立ちはどう見ても娘役向きだし、身長も163㎝で娘役の黒木瞳と変わりません。なぜ彼女は男

役だったのでしょう?本人が希望したからでしょうか?それとも歌劇団からの指示があったからでしょうか?もしそうなら男役・娘役の境目とは何なのでしょう?教えてください。

閲覧数:
944
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cry********さん

2019/4/613:02:45

涼風真世さんは修学旅行で初めて『ベルサイユのばら』を観て、何よりそれが受験に至るきっかけでした。

(何組だったかは忘れましたが、その舞台を一目観てマリー・アントワネットやフェルゼンやアンドレにゾッコン!ではそれはなかったのではないかと思われてなりません。)

身長は167cm(公称)だと思っていました(^.^;

娘役の方が158cmまで(160超は不可)とかそのように言われていました時代なので、それで言えば黒木瞳さんの方が娘役としてはかなり例外だったと思います。

涼風さんで言えば、声の高低というのが、生徒さん御自分で判断するにせよそれが考慮されたのではないでしょうか。

お顔立ちは本当に可愛らしくとも、男役としては地響きしてきそうな低い声での演技をされていましたですよね。(可愛らしく綺麗な声も出せるのを後に知って、それも驚きました。)

質問した人からのコメント

2019/4/12 11:48:13

回答ありがとうございました。彼女自身に男役への思い入れがあったということですか。しかし現在は170cm超の男役が増えているので、今なら男役ではなく娘役をしていたでしょう。生まれた時代がよかったのかもしれません。

「宝塚歌劇団」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2019/4/621:11:52

本人の志望です。ただ、中性的な男役というのは、できる幅が増えますね。オスカルも綺麗でしたし、男役の涼風真世さんがいたからこそPUCKが生まれたのですから

kaz********さん

2019/4/618:25:34

本人が男役志望と劇団誌で読んだ記憶があります。
娘役転向をすすめる声はあったようです(劇団がどうだったかは知りません)。

ちなみに当時の重鎮?からは有馬稲子に似た美人と評されていました。その有馬稲子は、男役への転向を劇団から打診されたが当時は娘役の方が花形だったので絶対嫌だと抵抗した、という逸話がありました。
美形は男女どちらでも美形、という話ですね。

アバター

ID非公開さん

2019/4/610:54:19

本人が希望したからです。
彼女は大地真央さんを尊敬していて
真央さんみたいな男役になりたかったからです。

おなじように小柄だった真矢みきも最初は娘役希望だったのに
真央さんに惚れて男役を選びました。

2人の芸名の「真」は大地真央の真なんです。

歌劇団から命令は基本的にありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる