ここから本文です

アマチュア無線技士と陸上特殊無線技士の難易度について 現在趣味でドローンを始...

bei********さん

2019/4/823:01:47

アマチュア無線技士と陸上特殊無線技士の難易度について
現在趣味でドローンを始めたのですが、技適の知識が無いままドローンを購入し、後になって自分が購入したドローンに技適が付いていないことを知りました。

何とかならないかと調べたところ、技適の無いドローンを飛ばすにはアマチュア無線技士か陸上特殊無線技士の資格が必要だという情報にたどり着き、今いずれかの資格を早急に取得しようと考えております。
どちらもそれほど大差ない難易度の資格みたいですが、仕事もありますので可能な限り簡単に取得できる方を取りたいと考えております。
とにかく今手持ちのドローンを飛ばせるようにするということを最優先とした場合、どっちの資格の方がすぐに取得できるでしょうか?
資格取得された方、アドバイスをお願いします。

閲覧数:
187
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ntr********さん

2019/4/1423:50:59

無線の免許って2種類あって
・従事者免許(クルマでいう免許証)
・無線局免許状(クルマでいう車検証)

合法運用するには、両方が必要です。
今回のご質問は前者のみになります。

後者の局免許を取るのは、また別のハードルがあります。
無線や電気回路の知識がないなら、かなり高いです。

そのドローンの購入先や型番はわかりますか?
機種によってはどちらでも運用できない場合があります。
(国内のバンドプランに合わない送信機など)

こうした質問って、
遵法精神がある方だからなさってると思うのですが
ぶっちゃけ密林あたりでの購入なら
「不法無線局の開設になると言われた」という理由で
返品してみてはいかがでしょうか。

他のネット通販での購入でも同様に。

拒否られたら総務省や経産省、消費生活センターに
チクってみてください。
「非合法品の説明がない品を
誤って買ったが返品させてくれない」と。

参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

jik********さん

2019/4/1322:38:39

>自分が購入したドローンに技適が付いていないことを知りました。

画像送信の部分(FPVの類)に関してはアマチュア無線技士や陸上特殊無線技士の資格で何とかなる可能性があります。

しかし、コントロールする部分の電波に関してはそれではダメな可能性が高いです。
以下に問い合わせてみて下さい。
http://www.tele.soumu.go.jp/j/material/commtab1.htm

kai********さん

2019/4/1016:50:33

質問者さんの勘違いは先の回答者の指摘で省きますが
まずアマチュア無線局の免許取得に頑張ってください
半年計画でじっくり焦らず資格取得まで時間かけて
計画立てましょう。
昔は普通に1年かかりましたけどね
今は半分以下の時間に効率よくなりました。
国家試験で1発勝負より確実な講習会で免許取る方法が良いと思います
それなりに費用と時間かかるのは仕方ないでしょう。

tak********さん

2019/4/1000:26:02

多分なにか勘違いしてます。

日本では無線機を使うためには、法律に適合しているか検査を受けるか、またなんらかの方法で検査を省略するかしなくてはいけません。

技術適合基準は検査を省略する方法の一つです。(それ以外にはアマチュア局の保証認定があります)

で、機材が技適を取ってるかどうかと別の話として、電波を意図的に出すものは「無線局」になります。

で、無線局の類型のなかに「日本の電波法で認められた特殊な周波数と送信方式に適合している場合」に無線局の免許がいらない場合が存在します。

この場合、技適取ってないと免許がいらないにもかかわらず、検査がいることになって辻褄合わないので、免許のいらない無線局の制度は技適取っていない無線機は対象外です。

で、それ以外に
「業務用の周波数を使っていて、無線局の使用目的が業務用の無線局に適合する場合」には業務用の無線局開設の申請書書いて出す(おそらく陸上特殊無線技士が要る)ことで業務局の免許が取れます。

ただ、この場合検査が省略にならないので、誰かに頼んで検査をしてもらわないといけません。

アマチュア無線の場合は

「無線機の周波数がアマチュア無線の周波数以外出ない」「無線局の開設目的がアマチュア業務を外れない」なら無線機の諸元とか書いて保証認定出すと検査なしにアマチュア局のとして免許になる可能性はあります。(当然アマチュア無線技士免許は必要です)

ただ、この場合免許の申請書の作成に結構技術的に高度な内容が求められるのでアマチュア無線技士の免許を取っただけの状態ではおそらく自力では無理だろうなと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2019/4/913:48:12

日本では、電波を使うには 原則「無線従事者免許」と「無線局免許」の両方が必要です。

「無線従事者免許」は人に与えられるもので、その人が無線設備の操作を行うのに十分な知識や技術があるということを証明するものです。つまり「資格」です。
国家試験を受けて取得します。一部の種類のものについては養成課程(講習会)を受講して取得することもできます。
自動車の世界で言ったら運転免許証のようなものです。

「無線局免許」は無線局に与えられるものです。免許人(名義人)を明らかにして、設備にも問題なく、電波を発射してもよろしいという証明です。
自動車の世界で言ったら登録(車検)のようなものです。

技適(技術基準適合証明)を受けた設備を使う場合に、種類によって資格が免除されたり 無線局免許を受けることが免除されたりしています。


>技適の無いドローンを飛ばすにはアマチュア無線技士か陸上特殊無線技士の資格が必要だという情報にたどり着き、

調査が不十分かと思います。
たとえば「アマチュア無線」を行うには無線従事者免許と「アマチュア局」としての無線局免許が必要です。
アマチュア無線でも技適の制度はありますが、無線局免許の申請が簡略化できるというだけで資格も無線局免許も免除はされません。(「資格」が「技適」の代わりになるわけではない)

そもそもアマチュア無線は原則「通信」を行う無線局で、遠隔操縦のためには使えません。
一般に無線局では、無線局免許状に「通信の相手方」が記載されており、(「非常通信」「遭難通信」などを行う場合をのぞき)その相手方以外と通信してはいけません。
一般にアマチュア局の免許では通信の相手方は「アマチュア局」と記載されます。
つまり電波を受け取る側も「アマチュア局」でなければなりません。

また「アマチュア局」が運用できる周波数の範囲や電波型式が決められています。
これに即した設備でないと「アマチュア局」としての免許が受けられません。
https://www.jarl.org/Japanese/6_Hajimeyo/shikaku.htm
http://tsscom.co.jp/hosho/denkei_henko.html


陸上特殊無線技士も同様に、「資格」が「技適」の代わりになるわけではないでしょう。
資格が必要なら もちろん取得しなければなりませんが、それとは別に・・・
技適が無い無線設備なら個別に技適を受けるか、個別に「無線局免許」を受けなければならないものと思います。
どちらを受けるにしても、目的、出力・周波数・変調の型式・スプリアス・・・など電波の仕様などが日本の規格に合致していないと受けることができません。


>とにかく今手持ちのドローンを飛ばせるようにするということを最優先とした場合、

流行りの言葉で言うと「無理ゲー」といったところでしょう。
可能にするには「無線通信機やワイヤレス機器を作る会社の設計部門に勤務する友達がいる」くらいのチートが必要かと思います。

「今手持ちのドローン」に拘るなら、遠隔操縦やFPVなど、無線にかかる部分をそっくり日本の規格に合致するものに乗せ換えるという手は有るかもしれませんが、丸ごと買い替えるほうが現実的でしょう。


>どちらもそれほど大差ない難易度の資格みたいですが、仕事もありますので可能な限り簡単に取得できる方を取りたいと考えております。
>どっちの資格の方がすぐに取得できるでしょうか?

第四級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
第三級陸上特殊無線技士
第二級陸上特殊無線技士
・・・この四種類は、いずれも取得に必要な学力レベルが「中学程度」です。
ただ、いずれも国家試験・養成課程 合わせても開催の機会が少ないですから、「(行ける範囲内で)今後、一番早く開催されるもの」で取得するのが 早く取得できるでしょう。
ただし国家試験は(アマチュア無線の当日試験・臨時試験を除き)試験日の二か月前の 20日ころが申込の締め切り。養成課程も事前の申し込みが必要です。

ただ、取得したからといって 日本の規格に合致していないドローンの操縦ができるものではないですが。

squ********さん

2019/4/912:24:37

趣味ならアマチュア無線の免許一択かと…。
ちなみに従免の取得だけではなく開局しないといけないので時間は掛かりますよ。
もちろん何に技適がついてないかによりますが実績のない送信機の場合、保証を受けるのは困難だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる