ここから本文です

海外駐在中です。会社を通じて駐在員向けの保険に加入していますが内容をあまりよ...

アバター

ID非公開さん

2019/4/1006:43:23

海外駐在中です。会社を通じて駐在員向けの保険に加入していますが内容をあまりよく知らず、滞在国での医療費は全て無料なのですが、日本に一時帰国中はけんぽの保険証で受診して普通に自己負担

分を支払っていました。
とある掲示板で「駐在員保険は日本に一時帰国中の治療費も旅行中という扱いで保険の対象になるから日本での治療費も全て負担してもらえるはず」と書き込みをみたのですが(もちろん約款によるということは分かっていますが)これは一般的な話でしょうか?ご存知の方や実際にそうしている方がいれば教えていただきたいです。

閲覧数:
33
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iid********さん

2019/4/1011:00:49

先ず、この種のご質問は勤務先の総務人事にお問い合わせされるのが一番ですが。

下のご質問ですが、駐在中なのぬ組合健保に相変わらずが入手されているのですか?
と言う場合は、単身赴任でご家族が日本に残っている事になりますが?
でなければ、普通は組合健保は加入せず海外旅行傷害保険だけで一時帰国時の医療保険だけで無く約款を担保する筈です。
海外転出している筈で、国保は加入できません。

組合健保の保険料も結構しますから、二重払いになる様な事は、一般的に会社はしませんが、ご質問者さんの会社は特別かも。

なを、組合健保に請求が行く場合には、医療機関では三割負担分だけの領収書になりますが。それを海外旅行傷害保険会社に提出しても否認されます。
また、診療内容の証明書を書いてもらっても、そこには健保治療が明記されるはずです。

まずは、会社に聞く事ですって。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

int********さん

2019/4/1110:57:00

一般的ではありません。

しかも海外駐在中でも歯科治療にもある程度の制限があるはずです。
いろんな会社で問題になった例として、駐在員の妻が帰国前に歯の治療を全部やって50万円以上を請求するとかそんな事も相談されました。

基本的な考え方として、駐在員の海外での生活は日本同等になるようにルール化されている会社が多いです。

海外だと健康保険が無い国も多いので、医療保険に入る=全額支払い。
保険でカバーできない分は会社が払うとか。でも国によっては所得税対象になるので
計算が非常に面倒になります。

または医療保険がある国でも、薬がジェネリックに限定されており、日本と同等の医療が受けられない国では、結局は別の医療保険に入る事になるでしょう。

ご家族で駐在されている場合でも日本の健康組合を脱退しないケースが多いです。
これは出張や、一時帰国で日本に戻ることがあるので、会社側がケアしている場合が多いです。

日本で支払った3割負担分は、診断書と領収書を持って住んでいる国の保険会社に請求できる可能性があります。これは規約によります。

あとは加入されているクレジットカード、現地で発行された物なら日本行きは海外渡航扱いになるので慢性疾患でなければ、医療費を請求できる可能性があります。
特にコーポレートカードならおそらく請求できるでしょう。

k_k********さん

2019/4/1008:17:26

うちはそうでしたよ。
日本で受診した領収書などを英訳して現地保険会社に送付すると
換算されて現地通貨で戻ってきました。
ちなみに健康診断もそうでした。

ただ、保険会社の規約によりけりだと思いますので
確認は必要です。

私の周りの他の会社の駐在員もそういう方が多かったです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hyp********さん

2019/4/1008:05:11

書かれている通り保険次第で一般的もなにもありませんが、駐在期間中の現地保険は日本の旅行保険で賄う場合も多いようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる