ここから本文です

那須川天心が本気でボクシングに取り組んだら、 フライ級あたりで世界王者になれ...

mas********さん

2019/4/1013:58:55

那須川天心が本気でボクシングに取り組んだら、
フライ級あたりで世界王者になれるだろうか?

閲覧数:
217
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2019/4/1109:17:07

那須川さんならフライ級でもバンタム級でもどちらでも世界取れると思います。
彼ほどの逸材ならそれは時間の問題ですし、そこは通過点に過ぎないでしょう。
リナレスからは100%世界チャンピオンになれると断言されていますしね。
リナレスは2週間スパーリングをこなしていたので、現在の那須川さんの実力を最も把握している人物でしょうし、その言葉には説得力があります。

メイウェザー戦では11キロ~12キロというありえないほどの体重差がありましたが、同階級の選手が相手なら那須川さんもボクシングテクニックを披露できると思います。
高校生の時点で現役の世界チャンピオンと互角にスパーリングをやっていたという怪物が果たして世界チャンピオンになれないなんてことがあるのでしょうか?冷静に考えればわかることです。
帝拳が契約金数千万提示したのも将来回収できる逸材だと判断したからでしょう。
メイウェザー戦後、ネットではいろいろと言われていますが、関係者の間では那須川さんの実力は世界ランカークラスとも世界チャンピオンと遜色ないとも言われています。

キックと兼業でやるのか、しばらくボクシングだけに集中してやるのか、来年にはどういう方針でいくのか決めているかと思いますので、今後の那須川さんの動向には注目しています。
ボクシングの借りはボクシングで返す、という言葉は本心だと思いますので、ボクシングの世界であの日の悔しさを払拭する日がくるのを楽しみにしています。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

2019/4/1105:13:31

可能性はありますが、そんなに甘く無いです。

上下打ち分け、サイドステップ、縦のパンチ

というキックではあまり使用しないがボクシングでは必須の技術が下手すぎることがメイウェザー戦で見えちゃいました。

もし転向しても21才以降、低ファイトマネーで地道になんて無理でしょうから結果が出ないままボクシングは数戦で辞めてキックかMMAでしょうね。

ran********さん

2019/4/1017:26:51

フライ級は減量が厳しそうですね。

那須川はキックボクサーにしては特にパンチが上手いです。
今の時点では日本ランカーレベルでしょう。

つまり「20歳の日本ランカーのボクサー」です。
世界チャンピオンになれる可能性は高いでしょうね。

フライ級は減量が厳しそうですね。

那須川はキックボクサーにしては特にパンチが上手いです。...

koh********さん

2019/4/1015:49:30

大橋秀行や山中慎介はじめ、帝拳ジムの関係者までもが那須川のボクシングセンスを絶賛しとるから可能性は十分あるやろな
ただし、すぐには無理
キックを捨ててボクシングの練習に専念し、じっくりと下積みを重ねて行けばの話な
バンタムあたりが丁度いいくらいだと思う

yam********さん

2019/4/1015:07:43

無理だと思います、あのスタイルだとスタミナもきついだろうしカウンターももらいやすいと思います!

oto********さん

2019/4/1014:56:15

なれると思いますが、最低3〜5年はかかるのではないでしょうか

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる