ここから本文です

磁石の磁力が時間の経過によって弱まってしまうのはどうして?

sai********さん

2019/4/1121:37:18

磁石の磁力が時間の経過によって弱まってしまうのはどうして?

閲覧数:
24
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sen********さん

2019/4/1220:15:32

どの種類の永久磁石でも時間が経つと減磁していきます。

劣化は、希土類磁石(ネオジム・サマコバ磁石)やフェライト磁石で
年に0.1~0.3%程度です。

さらに周囲の環境により大きく影響します。

高温・逆磁場・衝撃・腐食等などが磁石のストレスとなり減磁します。

アルニコ磁石は保磁力が非常に小さい為、
わずかなストレスでも減磁しますので注意が必要です。

減磁を小さくしたい場合、
なるべく保磁力の大きい磁石を選ぶ必要があります。

保磁力の大きさの順に 、
ネオジム磁石>サマコバ磁石>フェライト磁石>アルニコ磁石
になります。

また、磁石にとってストレスのない使用方法や保存方法が大切です。


鉄などの強磁性体が磁力を持っているのは、
原子の1つ1つが小さな磁石になっており、
さらに、この小さな「原子磁石」たちが、
同じ向きにそろっている為です。

この原子の磁力は、原子が壊れない限り失われることはありません。

向きがそろわない場合は、
それぞれの原子からの磁力が互いに打ち消しあい、
全体としては磁力がなくなってしまいます。

高温・衝撃・外部磁場の影響などで、
「原子磁石の向きが揃わなくなると」磁力は弱まります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rot********さん

2019/4/1209:32:13

「減磁」とよばれる現象です。
外部磁場の影響(外部減磁)、磁石自体の磁場の影響(自己減磁)、温度変化の影響(高温減磁・低温減磁)によって、磁力は弱まっていきます。

ご参考:なにが磁力を弱めてしまうのか?—減磁について(下西技研工業株式会社)
http://www.simotec.co.jp/products/tecinfo/other/1083.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる