ここから本文です

大手ハウスメーカーとローコスト住宅について 50年、100年と住む場合のコスパはど...

hez********さん

2019/4/1323:58:07

大手ハウスメーカーとローコスト住宅について
50年、100年と住む場合のコスパはどっちがいいと思いますか?
買うときは倍ほどの差があると思いますが、長く住む場合はどっちがいいですかね?

閲覧数:
550
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

福味 健治さんの写真

専門家

2019/4/1408:56:33

大阪で設計事務所をしています。

耐用年数には二種類あります。物理的耐用年数と経済的耐用年数です。
物理的耐用年数とは、日々のメンテナンスを怠らなければ、〇〇年は使用に耐えられると言う、構造や、劣化・維持管理に関する性能です。
長期優良住宅や、住宅性能表示制度の耐震等級・劣化等級・維持管理等級で表現されます。
大手ハウスメーカー・ローコスト住宅に関わらず、これらの性能は等級で示す事が出来ますので、その等級を目安に建物の優秀性を確認する事が出来ます。

もう一つの経済的耐用年数ですが、これは資産価値を示す耐用年数です。新築の時の建物は、当然ながら資産価値は高いですが、現在の不動産鑑定の状況を見ていますと、住宅ローンの払い終わる頃には、大手ハウスメーカー・ローコスト住宅に関わらず、無価値になります。中古物件で「土地値」として売り出されている物件の中にも、物理的にはまだまだ使用可能な物件もあるのですが、人々が見向きもしない住宅になっているのです。
大手ハウスメーカー・ローコスト住宅に関わらず、その時々に流行して大量に出回った住宅は、その分希少価値が減少し、買い叩かれる傾向にあります。

つまり、今建てられている住宅は、物理的に何年持つかで耐用年数が決まるのではなく、何年飽きられずにいられるかが、建物の寿命を決定しているのです。
新しいものが高値で、古くなると値打ちが下がるのは当然ではないか、とのご意見もあるでしょうが、古くなっても愛着を持って住まわれている家も数多くあるのです。
住まいとは、住まう人に特化して、その人のために造るオーダーメイドが基本であると考えます。
ハウスメーカー・ローコスト住宅に関わらず、出来上がった既製服を買う様な家造りは、直ぐに飽きてしまい、長持ちしません。また、他人が良いと云ってるからとか、ブランドだから選らぶと云う、考えからは、長寿命の家は生まれません。
その人に特化して、その人又はその家族が長く住み続ける家が、コスパの高い長寿命な家になるのです。

京都の嵯峨野に、落柿舎と云う家があります。建ってから200年以上経ちます。当然、物理的耐用年数は過ぎていて、そこに人が住まう事は出来ませんが、嵯峨野の名所になっています。
別に特別な造りの家ではありません。その当時、普通の庶民が暮らした、藁葺、土塗り壁の家です。
向井去来と云う江戸時代の俳人が住んでいた家なのですが、向井去来を偲ぶ人々が、向井去来がいなくても、落柿舎に行けば向井去来に会える様な心境になるそうです。つまり、その家が向井去来を体現しているのです。
飽きの来ない家のヒントはこの様なところにあるのではないでしょうか。
https://e-ie.org/sozai.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

福味 健治さんの写真

福味 健治

建築家

現代の“数寄屋”請負人。ローコストであなた好みの家を造ります

【一級建築士】 【設計専攻建築士】 【住宅性能評価員】 【応急危険度判定士】 【木造耐震診断受講者】 【IAU型免震設計資格者】 【被災度判定講習受講者】 【木造耐火建築物講習受講者】 【「All About プロファイル」認定建築士】 【読売新聞「マイベ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kyo********さん

2019/4/1710:02:39

大手で50年住むか、ローコストで2回建てるか

どちらかだと思います。
30年前に建てられたハウスメーカーは未だに立派ですよね
ローコストは1年で壁にコケが生えたりしてますし、住むのこわいです

アバター

ID非公開さん

2019/4/1417:37:34

へーベルハウスですが、築10年も経つと1階の床がベコベコに凹み、全面貼り替えをしました。床下の断熱材の潰れが原因です。
構造自体はもっても、内装外装の長期維持は相当掛かると思います。

ハウスメーカーのカタログに出ているランニングコストはアテになりません。
長期保証は躯体、防水のみです。
その間、修理しながら30~40年住めればいい方だと諦めています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/4/1409:02:22

100年は無理です。
50年についてもメーカーは関係なく、個別の素材や設備で判断するしかないです。
ローコストでも丈夫な瓦屋根だと耐久性も優れています。
なお、一般的なメンテ費用です。
https://ienou.com/maintenance/

nat********さん

2019/4/1408:09:58

50年も住めません
今の建物は気密性が高いので躯体は持ちますが
それ以外がダメ
一般には25~30年で建て直しか大リホームです。

レクサスに乗ってもカローラに乗っても8~9年で査定は0です
これと同じ

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/4/1406:03:33

大手住宅メーカーの中には、ベターリビング協会からセンチュリーハウジングシステム認定を受けているところがあります。

60年から100年の使用に耐えられる構造である証明です。
調整やメンテナンスの出来る構造ですので、この認定のある住宅メーカーが100年使用できる建物を作っているという事が出来ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる